栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)

2018年03月02日

体重やBMIは気にし過ぎない方が良い

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます!

将来、介護を必要としない人生を送るお手伝いをする管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^

今日は健康診断を受けてきました(・ω・)

DSC_5096.JPG

病院だとインフルとかうつされる可能性高いので、マスクはあまり信用していないけど、気休め程度にw

意外と時間かかって、待っている間に先日買った『ラプラスの魔女』(東野圭吾さん)結構読み進みましたw

DSC_5093.JPG

結果は10日後とのことですが、多分問題ないでしょう(・ω・)

むしろ、「変わっている」と言われるかもしれませんが、中性脂肪の数値を上げたい・・・せめて基準値に入って欲しい・・・
(身体でかいけど、実は血中脂質はかなり低め・・・)


さて、健康診断受けていろいろ思い出したのですが、身近な健康の指標の一つとして、「体重」「BMI」がわかりやすいかと思います。

だけど、体重やBMIはあくまで目安であって、絶対ではないです。

BMI(Body Mass Indexの略。体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出できる。)が18.5〜24.9が「標準」で、18.5未満だと「やせ」、25以上だと「肥満」判定されます。余談ですが、BMI25以上or男性なら腹囲85cm、女性なら90cm以上で且つ血糖値やコレステロールなどが一定以上or一定以下の数値だと特定保健指導対象となります。

確かに肥満は万病の元。
明らかにBMI25超えて、誰がどう見ても不健康な太り方で血液検査の結果が悪いようだったら、標準域に入るようにした方が良いと思います。

ですが、同じ身長でも、もともとの骨格が違いますし(もともと華奢な人や、肩幅広めのガッチリな人もいます)、同じ体重でも体脂肪量や筋肉量の比率が違えば、当然中身も変わっていきます。

仮に同じ身長・体重でも、体脂肪率5%と30%じゃ中身も見た目も全然違います。

それでも、身長と体重だけで考えたBMIは同じ数値。

あと、同じように考えると、腹囲の基準もどうかな?と正直思います。



また、BMI18.5〜24.9が標準域で、特にBMI22が理想的と言われますが(統計的に22が一番病気になりにくく、死亡率が低い)、だからと言って、BMI22にこだわることもあまりないかと感じます。

人それぞれ、「風邪をひきにくい、元気でいられて調子のよい体重」ってあるでしょ(・ω・)

実はFトモの場合、BMI22だと結構風邪ひいていたのですが、BMI23〜23.5の体重の方がかなりピンピンしていて疲れにくいのです。

逆に、BMI20くらいで丁度良い・・・という人もいると思います。

要するに個人差あるってこと(・ω・)

体重は確かに気になるところではありますが、要は普段の生活、そして未来に向けて元気でいられるかという事の方が大切なので、単純に体重の数値や「体重増えた」「体重減った」にこだわらず、血液検査などでわかる『中身』にしっかり目を向けて頂けたらと思います。

  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

健康と医療 ブログランキングへ


管理栄養士 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます☆
posted by Fトモ at 23:52| Comment(0) | 健康・病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

合わない靴を履き続けた結果起きた不調の数々

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます!

将来、介護を必要としない人生を送るお手伝いをする管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です☆

なんか靴シリーズを危うく忘れかけましたが、ボチボチ書いていきたいと思います(・ω・)

注)運動指導員なら、足裏の重要性とか靴についてご存知の方、本当に多いです。
ですが、Fトモはどちらかというとそこまで詳しくない部類に属していると思いますが、それでも書きたいので書きますw

密かに期待されている???
靴シリーズはこちら↓↓
------------------------------------------------------------
〜序章〜

前回のあらすじ
「とりあえず、マルイで買ったパンプスカワイイ(・ω・)」
-------------------------------------------------------------

もともと、Fトモはオシャレに気を遣うのが比較的好きな方で、合わない靴を履く事のリスクを知らなかった頃は、完全にファッション性重視で日々靴を選んでいましたw
足がデカいことは自他共に素直に認めていて、学生時代は25cm。
ただ、後からわかったのですが、正確には25.5cm。
当時よく読んでいたファッション雑誌(POPTEEN→CanCamなど)にも、そこまでのサイズの靴を紹介しているわけでもなくw

素直にスニーカーとかペタンコ靴(違う系統のファッションで流行っていた??)履けばいいものを、やっぱりピンヒールじゃないと似合わないファッションが好きだったので、エスペランサとかに置いてある一番大きいサイズ(LLとか24.5cm)を無理に気合で履いていましたw

当然、サイズが合わないので、足はいつも悲鳴をあげ、時には痛みで授業に集中できないこともありました。

どうして、そこまでして履くのかと突っ込まれるかもしれませんが、やはり若い女性にしてみたら健康問題よりも見た目が大切なわけでしてwww
あと、やっぱりちょこっと背伸びしたかったんだろうね(・ω・)

ヒール=大人の女性って感じがするし。

足がデカいから、もともと履けるヒールも少なく、多少無理してでも履けたものはすぐに購入し、謎の優越感に浸りながら愛用してました。

その内、段々と身体の不調が出始めました。

例えば、高いヒールを履いてスタイルを良く見せたかったのに、かえって贅肉がついてしまったりとか、腰や膝の不調が出てしまったり・・・

以下のメカニズムだろうなと気付いたのは、健康運動指導士になってから・・・

合わない靴を履き続けたことによって、足裏の受容器や本来の働きがにぶくなってしまい、立位の状態でバランスが取りづらくなった

重心がつま先の方になった

バランスをとろうとして自然と前のめりになり、膝は曲がり、つま先も内側に向くようになり、O脚っぽくなった(=膝痛の原因の一つ)

肩が前に出てしまい、もともと悪かった姿勢が更に悪くなった(=膝・腰への負担も大きくなる)

肩は凝り、姿勢を維持する筋力が低下し、背中には贅肉が余計につき、下腹部はポッコリ

内臓などの働きも低下し、上手にエネルギーの代謝もできない、疲れが溜まりやすい


また、ヒールを履くことによって、足首の底背屈も上手にできないので、

歩き方もすり足気味になってきた

脛、ふくらはぎの筋肉を上手に使えていないので、血液などの循環が悪くなる(=むくみ、ダルさの原因)

足はだるくなってきて、ますます動く気にならなかった

身体活動量が低下し、消費エネルギー量も低下(=痩せにくい、太りやすい)

もちろん、もっと複雑なメカニズムでしょうけど、まぁ個人のブログですし、あまり文字数が多くなりすぎても何なので、過程のいくつかは省略w

他にもいろいろあったのですが、これ以上書くと、多分靴メーカーから「待った!」がかかる可能性があるので省略します。


まぁ何が言いたいかってことは、

服は多少妥協しても良いとは思うけど、靴だけは絶対無理しないで!自分の足や身体に素直になって!
もちろん、ヒール履いても問題ない人もいるけど、無理に履いて姿勢が崩れたり、どこかに痛みなどが出てしまったらもったいない!


ということ(・ω・)

あ、ちなみに今は学生時代ほどの不調はありません。
腰と膝は相変わらず痛いのですが、少なくとも妙なダルさとかはありませんwww

でも、合わない靴を履くことのリスク、Fトモも経験したように、将来的に結構恐ろしい状態にもなりかねないので、気を付けていきましょうね☆

  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フットケア ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます☆
posted by Fトモ at 23:28| Comment(0) | 健康・病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

千葉県はインフルエンザ警報が出たらしい

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます!

将来、介護を必要としない人生を送るお手伝いをする管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^

☆お知らせ☆
毎週土曜日の午前は、常盤平のTOTAL SPORTS ACADEMYさんでレッスン行ってます。

9:30〜 脳トレ
10:50〜 入門エアロ

体験受講もできます。もし明日お時間あるようでしたらぜひお越しください^^
※2月からはレッスン内容ガラッと変わります。脳トレ、エアロは明日で最後です。

DSC_4955.JPG

話変わって・・・今週月曜日に☃大雪☃が降り、超極寒です💦

今まで生きてきた中で、「こんなに寒すぎるのは初めて((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル」と思いましたが、それもそのはず(・ω・)

昨日は48年ぶり、今日は53年ぶりの記録だそうな・・・

この調子だと、絶対来週か来月あたりに、関東にまたドカンと大雪が降りそうな気がするわ(´・ω・)

だって、4年前がそんな感じだったから(・ω・)

さて、先日とある方から「千葉県にインフルエンザ警報が出た」と聞きました。

特に、松戸市・流山市・我孫子市からの報告数は半端ないらしいです。
(Fトモの記憶では、そんな風に聞いた)

みんな毎年インフルエンザかかってます?
ワクチン受けてます??

ワクチンに関しては、「効果がある」「効果がない」と、両極端な情報は流れていて、正直どっちなんだろうと思うのですが、効果があろうがなかろうが、
Fトモは、大学生からインフルエンザのワクチン接種してませんし、小学生低学年の時以降、インフルにはかかってません(・ω・)

ついでに、ちょっとした自慢ですが、数人と同じもの食べて、みんな食中毒にかかったのにFトモだけ無事だったというミラクルも起こしたことありますw
(というか、お腹壊したことない・・・)

これらのエピソードを言うと、大体言われるのが特殊体質だの全てにおいて鈍感だの流行にのれないだの空気読めないだの胃酸と胃壁が強靭で、ものすごい強酸で食中毒菌すらも殺しているだの、ちょこっとハラワタ煮えくりかえることも言われますが、まぁ大体(^ω^)←こんな顔で聞き流していますw

まぁ話をインフルに戻しますが、結局ワクチンって接種してからすぐに効果が出るものではないので、接種する直前にウイルスに感染していたら「効果がない」ということになってしまうし、効き目も長期ではないから、ワクチンの効能が切れた後にウイルスに感染してしまう場合もありえると思います。

結局、完璧ではないということ。

それよりも、

●各々が普段からバランスの良い食生活を意識する
●適度に運動して体力つけたりストレス解消する
●帰宅後・食事前などの手洗い・うがいをきちんと行う
●しっかり身体を温める(ちなみに、体温が上がると免疫力が数倍アップする系の事が結構囁かれていましたが、きちんとしたエビデンスは現時点ではないそうです。また、個人的な考えですが、過剰な免疫の結果、発症している花粉症とかは、もし体温が上がって免疫力がアップしたら、より症状悪化するのではないか??と思ってます。でも、極端に体温が低いと、やはり内臓の機能も低下してしまったり、腸内環境の悪化に繋がり、免疫系もダウンしやすいかとは思うので、まぁ普通の体温維持して、温めた方が無難かなと思います。)
●質の高い睡眠をとる
●部屋を乾燥させない

の方が、インフルエンザはもちろん、普通の風邪予防対策として十分なのではないか、と感じます。


これこそエビデンスではないけど、Fトモはなるべく上記の事は意識してますし、風邪をひくことはあっても、すぐに治りますし(・ω・)



結局、これこそかなり個人差は大きいと思います。

ワクチン打っても打たなくてもかかる人はかかる。
打たなくても全くかからない人もいる。

ただFトモが思うに、ここ数年やたらと抗菌とか除菌に神経質になりすぎて、清潔を意識過ぎるが故の免疫力低下も原因の一つではないかと(・ω・)

もしそうだとしたら、ある意味現代病の一つと言ってもいいかもしれませんね(´・ω・)

まぁとにかく、警報が出ていますので、気を付けていきましょう〜
インフルにかかってらっしゃる方は、安静第一にお大事になさって下さいね(´・ω・)

  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

健康と医療 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます☆
posted by Fトモ at 21:28| Comment(0) | 健康・病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

お知らせと靴シリーズ日記〜序章〜

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます^^

将来、介護を必要としない人生を送るお手伝いをする管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^

DSC_4892.JPG

☆まずお知らせ☆
明日、土曜日は常盤平のTOTAL SPORTS ACADEMYにて、
9:30〜 脳トレ体操
10:50〜 入門エアロ
がございます(・∀・)

サクッと身体を動かしたい方、お待ちしております^^

v(・ω・)v

ここ最近、どの体操教室・介護予防教室でも、新年あけてちょっと落ち着いた(?)せいか、楽しくストレッチ・筋トレ・リズム体操・脳トレなど行っている反面、年末年始の疲れが出ているのか、もしくは寒いせいか・・・まぁ色々あるでしょうけど(横着してまとめました)、普段と体調が違う方が多いなと見受けられます。

特に今日なんてかなりのヒヤリハットもあったりで💦

Fトモはどの教室でも必ず参加者様の体調チェックは行いますが、始める前は大丈夫でも、運動中に悪い方向に変化する場合もあります。

何もこれはシニアだけでなく、比較的若い世代にも起こりえることです。

そんな時は、少し休むなりご自分のペースで行ったり、水分補給したり、誰かと早退して頂いたりetc...
気を付けながら行っていきましょう^^


さて、本題に入りますが、先日某老人ホームで体操指導をさせて頂いた帰り、北千住のマルイに寄って、久しぶりにかわいいパンプスを購入しました(セール品でも、エポスカードで更に10%OFF♡)

DSC_4886.JPG

横から見るとこんな感じ☆
IMG_20180114_235423.jpg

仕事柄&外反母趾が痛いので、普段はスニーカーばかりですが、たまにはこういうカワイイ靴を履きたいものです。

そもそも、Fトモは本当はハイヒール(理想は6〜10cmのピンヒール)が大好きで、毎日履きたいと思ってます(・ω・)

だけど、

・外反母趾が進行している(多分遺伝有り。小さいときから外反母趾だった。)
・痛みは無いけど、内反小趾もヤバイ
・サイズがデカい(25.5cm)ので、なかなか探すのが大変
・膝と腰が痛い
・姿勢が悪くなる
・荷物多いから、スニーカーの方が安全


という理由から、今回買ったようなパンプスは滅多に履けないのです(´・ω・)

意外と重要な靴選び

靴選びをバカにしていると、最悪身体壊します。

栄養学部生だった大学生までは、本当に無知で、ファッション性重視で靴を選んでいました。

当時は、外反母趾の痛みも気合で飛ばし、とにかく好きなファッションにスニーカーは似合わない!!という事で、無理にヒールを履いていました。

結果、様々な不調に悩まされるように💦
(不調の内容は、後日紹介します)

この当時は、足の裏の機能や運動がどれだけ大事か、そして今でこそ当たり前と思っている姿勢の維持や歩き方、身体の使い方が全くわかっていませんでした。

足のケアの方法はもちろん、日常的に運動も、それこそストレッチすらもやっていなかったので、ある意味この変化は仕方ないと思ってます。

だけど、今は普段はほとんど足に合ったスニーカーを履くことが多く、たまに履くパンプスとかも、母趾球に負担のかからないデザインを選び、幅も広め、ヒールは有っても低めで太くて安定感のあるタイプで、なるべく長時間履かないようにして、何とか自分自身を守るようにしています。

靴の選び方に、めちゃめちゃ詳しいわけではないので、個別でのアドバイスは現時点では難しいのですが、

身体を壊したくなかったら、足や目的にピッタリ合うタイプの靴を選ぶこと!!

なんで??

何があった??

それは・・・
今後、不定期で(多分3回くらいで終わる)書かれる靴シリーズの中で、ボチボチ書いてみたいと思います☆

  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

健康と医療 ブログランキングへ


フットケア ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます☆
posted by Fトモ at 23:26| Comment(0) | 健康・病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

健康診断 2017

こんにちは(・∀・)

将来、介護・看護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士&管理栄養士のFトモ(藤田朋子)です(・∀・)

気付けば昨日まで13連勤(もちろん、短時間だけど)

またいつもの悪い癖で、ポンポン予定を詰め込むようになってしまった・・・

今日も本当はいくつか気になっていたイベントがありましたが、事務処理&準備のため、OFF日とさせて頂きましたm(_ _)m

そこで、今日は2週間前に受診した健康診断の結果を受け取りに(`・ω・´)キリッ

DSC_3098.JPG
行きつけの病院は、松戸新田のドクターランドです。

実は今回に限って、健診前1か月ほどは、飲み会で忙しかった交流会やらイベントやらでいつも以上に体内をアルコール消毒していたり、ちょっと個人的な事情で無性に甘いものを欲してアホみたいにバクバク食べていた時期だったので、結構ビクビクしておりましたorz

といっても、今更この年齢になって体重なんぞキニシナイけどなw

気にすべき数値は血液検査結果と腹囲!!

・・・で(・ω・)

多分肝機能と中性脂肪とLDLコレステロールが上がって、有酸素運動やる機会がめっちゃ減ったからHDLコレステロールは下がっただろうな(・ω・)って思ってました。
※HDLコレステロールは数種類あって、有酸素運動で上がるタイプや服薬で上がるタイプがあります。
そして、運動がきっかけで上がるHDLは動脈硬化の予防に寄与するタイプだそうです。

結論から言うと、悪化どころか全体的に改善されておりましたw

しかも、なぜか中性脂肪は去年の半分以下の数値になってたw

絶対この健診前の食生活だと中性脂肪上昇する自信あったのですが、まぁそんな妙な自信よりも違う自信を持つようにします、ハイ。

しかし、ヘモグロビンが基準値内に入ったのは嬉しかったな(・ω・)

ここ数年、低かったから・・・


さて、そんなことよりももっと驚くべきことがあります。

実はFトモってば、31歳にしてまだ身長が伸びてますw


165.5cm

実は20歳くらいの時は162.0cmくらいでした。

更にいうと、小学6年生の頃は160.0cm

今では珍しくないかもしれませんが、小6で160cmは結構大きい方で、Fトモの中ではコンプレックスとなっておりました。

加えて、横にも大きく、担任の先生からも「デブだから給食食べるな」と、今の時代だったら間違いなく教師の不祥事レベルな事も言われてました。

そんなこともあり、自然と「小柄で華奢な女の子になりたい!」と強く望むようになってました。

しかし、Fトモのデブ問題に関しては、肉がついていたのはもちろん、もともと骨格からしてガッチリしたタイプなので、どうあがいても小柄で華奢は無理orz

そこで、いつの間にか背中を丸めて、少しでも小さく見せようと頑張ってましたw

しかもこれ、20歳くらいまでwww

今思うと、なんて無知だったんだろうな、とwww

姿勢の悪化が、かえって脂肪がつきやすくなること、関節への負担や内臓の働き、血液の流れ、自律神経の働きなど、健康にどんな影響を及ぼすか、全くわかりませんでした。

だけど、20歳過ぎたあたりから何か吹っ切れ、

「もともとガタイが良いのは仕方ない。下ばかり見てないで、前を見よう(`・ω・´)」

と思うようになり、姿勢の改善を始め、今まであまりやってこなかった運動とかもやり始めたら、ミリ単位ではありますが、毎年少しずつ伸び始めるようになりましたw

まぁ、伸びた・・・というよりは、本来の身長に近づいたと言った方が正しいのだとは思いますが(・ω・)

今は身長が高いことによるコンプレックスは全くなく、むしろ身長高くて良かったな♡とすら思ってますw

今もまだ、ストレートネック気味だし、骨盤前傾しているしで、姿勢は良くないですが、このまま地道に姿勢を意識&改善していったら、どのくらいになるのかな(・∀・)

ちょっと楽しみでございます^^

  
↑↑
ちなみに、2つ目の『姿勢の教科書』は、現在進行形で読んでおりますw

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

健康と医療 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます(・∀人)♡
posted by Fトモ at 17:07| Comment(0) | 健康・病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする