栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)
Fニュース 2020年3月から、少しずつブログ内を改変中です。 現在、PCページ左上にあるメニューバーを随時更新中。 @3/22時点 「ホーム」「自己紹介」「お問い合わせ」のみ表示されます。A4/1 エフ・プリベンション開業しました。

2020年03月06日

コロナの影響でフィットネスクラブや体操教室を叩く流れになりそうなので、やめて欲しい

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます

「シニアになる前から意識しよう!将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です

日に日にコロナの影響が強くなっている昨今、まず手始めに公共施設や大勢の方が集まるイベント会場などが閉鎖されましたけど、今度は民間のフィットネスクラブも次々と休業状態になっております。

DSC_0125.JPG

事の発端は、市川市のエースアクシスコアで陽性者が3名出たところからでしょうか。
(ちなみに、Fトモはこのスポーツクラブが入っているビルを頻繁に利用するので、濃厚接触者ではないものの、このニュース聞いた瞬間にビビりました。)

それから、市川市はすぐに3月末まで、ほぼすべての公共施設を封鎖、行政絡みの事業(人々の健康に関わるもの全般含む)も軒並み中止措置をとりました。

市内の、しかも大きな駅の目の前・・・人通りも多い賑やかな場所が現場なので、それはそれで仕方ない。
※ちなみに、そのビルは2月29日に専門業者によって全館消毒しております。エースは3月15日まで休業だった気がしますが。

しかし、それを機に、少しずつネット上では

「スポーツクラブ(フィットネスクラブ)は危険」

という考えにシフトされつつあるように感じました。

そして、別の地域の感染者は、感染していることに気付かずにホットヨガスタジオに行っていたという報道もあり、更にまた市川のエースを利用していた方から、新たに2人陽性と確定され・・・

先日政府は、コロナが感染しやすい場所の一つとして「フィットネスクラブ」「スポーツクラブ」を挙げました。


そこから、大手を中心に、1〜2週間休業をするクラブが大幅に増えました。

卵が先か、ニワトリが先か・・・の話ではないですが、

・感染者が気付かずにたまたま行った場所がフィットネスクラブだった
・フィットネスクラブに行ったからコロナにかかった


もはやどちらが正しいのか、論点が定まらない状態になっており、「フィットネスクラブは危ない。」という情報が先行してしまっているようにも思えます。

健康運動指導士として、そしてこじんまりとした某トレーニング室でのんびりトレーナーをしている一人の人間として言わせてもらいますが、

・不特定多数の方が集まる
・換気がしにくい

という点においては、確かにコロナ感染拡大の一助を担っていると思ってます。

衛生面においては、コロナショックが起きる前は、はっきり言って場所とかトレーナーの性格などによって様々ですが、

・丁寧にきっちり掃除をする現場
・汚い雑巾をよく洗いもせず、悪臭放っているのにそのまま使い倒して適当に掃除している現場
・「表面上の汗だけ見えなくすればよい」という考えのもと、水拭きのみの現場
・全部掃除した後に、簡単ではあるがアルコール消毒をしている現場

ぶっちゃけいろいろあります。

どこがどんな感じとは言えませんが、Fトモが実際に見てきたのはこの4パターン(-_-;)
(当然のごとく、掃除が適当な現場・会社は業務縮小傾向にありますね。ざまみろ←)

これに関しては、それぞれのクラブや体育館は、改善できる余地があるなら改善して、
・「1時間ごとにアルコール消毒してます」とアピールしながら消毒をする。
換気に関しては、コロナに限らずインフルなどの感染症や、単純に空気が籠るので
・1時間毎に「空気の入れ替えのために、窓を開けます。」とすれば安心感は出ると思う。

あくまで安心感や予防の観点なので、100%コロナを防げるわけではありません。

ただ、どこのクラブ・体育館にも言えますが、本来スポーツクラブ・フィットネスクラブは運動不足になりがちな現代人に、運動の良さを知ってもらい、安全に快適に運動出来る場を提供し、継続して心身ともに健康な状態に導く役割があります。

トレーナーやインストラクターは、いろいろなタイプがいますが、ほとんどが
「運動の良さや楽しさを知って欲しい。続けることによって、身体だけでなく、心にも良い変化があることを感じて欲しい。」
という純粋な思いの元、働いています。

今回のような感染症に対する脆弱性は認めざるを得ない環境ですが、本来は「人々を健康に導く」場なので、どうか安直に「フィットネスクラブ=悪」という考えは止めて欲しいです。

DSC_0124.JPG

そして、フィットネスクラブや体育館で働くトレーナーやインストラクターは、フリーランス・業務委託・契約社員・アルバイトと言った非常勤の方が多いですが、「運動の良さや楽しさを知って欲しい」「健康を守りたい」という思いの元で働いています。
(正社員なんて、ほんの一握りです。)

今回の騒動を受け、人々を健康に導くプロの方々のほとんどは、仕事を強制的に休まざるをえない状況になりました。

こういう人たちを「コロナ拡大感染させる人」みたいな記事もありましたけど、それもやめて下さい。

誰だって、感染させる可能性はあるんだから。

  

  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ


フリーランス ブログランキングへ

NO BRAND Infinity WEBショップ
気になる方は、ぜひ一度覗いてみて下さいね^^
購入して下さると嬉しいな(・∀・)
クリック→http://efutomo.nbinfinity.com/
bnr_top_main--50.jpg
新作発売中です
いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 11:25| Comment(0) | トレーニング・フィットネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

介護予防に役に立ちそうなので

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます

「シニアになる前から意識しよう!将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です

ここ最近、ケロロンを中心にいろいろなモノを買っておりますが、自分のスキルや知識アップの為のお買い物もしております(・ω・)

まず、アマゾンにて

介護予防+認知症予防プログラム 歌あそび・歌体操 12か月80種
DSC_9154.JPG

童謡中心に載っています。

まだ、パラパラ〜としか読んでおらず、Fトモ自身が歌が絡むレクが苦手だし、でも懐かしい童謡(というか、大体何となく歌える)で、少しでも参加者様が楽しんで頂けたら・・・と思ってます(・ω・)


あとは、ブラボーグループのHPからも気になるモノを見つけました。
左上から
図解 マインドフルネス
認知症予防
CD 青春ソングス Wonderland 2


IMG_20191213_154044.jpg

特にCDは、知り合いのイントラさんが持ってらして、「あぁ、このCDの選曲良いな」と思ったのでw

そして、Fトモは大体フィットネス系の本を買う時は、「トレーニング」「筋肉」「骨、関節」「姿勢」と言った身体についてのものが多かったのですが、今の世の中の状態を考えると、これから先は「精神」についても何でも良いから知っておくべきと感じてます。

実体が目に見えないので、そしてある意味得体の知れないものなので、ちょっと不気味なイメージがあるかもしれません。
シニア世代もうつになりやすいですが、若い世代は会社や労働環境のせいでうつになる。

Fトモ個人的に、「うつ」「統合失調症」などは、生活習慣病の仲間にいれても良いのでは??と感じます。


どれも仕事に関係するもの&少しでも参加者様に楽しんで頂くためのものです

まだまだ覚えることたありますが、たくさんですが、Fトモなりのペースで頑張ります^^


ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ

NO BRAND Infinity WEBショップ
気になる方は、ぜひ一度覗いてみて下さいね^^
クリック→http://efutomo.nbinfinity.com/
bnr_top_main--50.jpg

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 23:56| Comment(0) | トレーニング・フィットネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

トレーニング初心者の方は、小さめのジムの方が良いと思います

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「シニアになる前から介護予防!将来介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です^^

DSC_7555.JPG
↑↑
トレーナーとして勤務している某施設に行く途中にあるバラ🌹

DSC_7556.JPG

すごくキレイですね✨

丁寧にお手入れされているのが伝わります。

しかし、暑い・・・



現在、Fトモはいろいろな仕事をしておりますが、曲がりなりにも一番長いキャリアは公共施設でのトレーナーのお仕事です。

多分今年で10年目くらいかな??

トレーナーの仕事に関しては、現在はアルバイトという形で従事しておりますが、Fトモにしてみたら、いろんな意味で都合が良いのです。
社員時代のようにメインにはしませんが、今後も細々と続けていくつもりです。

ちなみに、伺っている公共施設は現在3か所で、全て都内です。

時々、「トレーナーとして働いているのはどこのスポーツクラブですか?」とご質問されるのですが、Fトモは民間のスポーツクラブで働くことに関しては興味ないので公共施設にこだわってます。

また、働いている施設の名前を出してよいのか曖昧であることと、3か所の内2か所は1人勤務する場所なので、よっぽど親しい人以外には場所は言っておりません。


・・・で(・ω・)

実はFトモが働いているジムは、民間スポーツクラブや大きめの公共体育館のように、マシンもフリーウェイトもしっかりそろって、運動したくてたまらない方が多く集まって、ガンガン運動している現場ではありません。

地域のコミュニティセンターや、集会所の一室にこじんまりと存在していて(地元の方しか存在が知られていない隠れ家的な感じ)、マシンも最低限のものだけ置いてあるトレーニング室です。

なので、どちらかというと結構のんびりした雰囲気ですw

ヘタすりゃトレーナーというよりも、世間話のお相手をさせて頂いている時間の方が長い日もあります。


ただ、こういうジムって、「ガンガン鍛えたい!」という方には不向きですが、シニアの方や全くマシンに触ったことがない方には非常にオススメだと感じます。


また、「運動はあまり得意ではない。でも、健診で引っかかって、運動しなくちゃいけないから・・・」という方も良いと思います。

なぜかというと、こじんまりとしていて、必要最低限の設備なら、「どのマシンを使おうか?」と迷うことも少なく、とりあえずそれらを使えば良いから。(かなり乱暴な言い方ですけどね💦)

また、「運動しなくちゃいけないけど、あまり好きではない」というタイプの方は、いきなり大きなジムで

立派なマシンがズラ〜!!✨
フリーウェイトもズラ〜!!✨

を目にするだけで、圧倒されてしまいます。

利用者もウェア等がスタイリッシュで、みんなガンガン運動している!!
・・・え?ワタシ、この雰囲気の中入って大丈夫かな?

ってなってしまって、かえって足が遠のきやすくなると思います。

だからタイトルにもあるように、トレーニング初心者の方は、小さめのジムの方が良いと思ってます。


かくいうFトモも、もともと運動が得意なタイプではないので、しっかりトレーニングの勉強をする前は、大きな立派なジムは想像するだけで苦手でした。

今もそこまで得意ではないけどね。

運動した方が良いとはわかってはいるものの、あまり得意ではなく、でも勇気を振り絞って行ってみた。
その結果、雰囲気に圧倒されて、やっぱ行くのに抵抗がある・・・


結構多いと思います。

だけど、Fトモが働いている所は、そんな雰囲気皆無です。
むしろ、そういった方を対象に、運動の良さなどをお伝えしたいので、Fトモの志向とマッチしており、働きやすい場所です。

逆に、「ガンガン運動したい!」という方たちにしてみたら思いっきり物足りない施設です。
(だけど、公共施設で利用料が安いので、「妥協する派」か「他の所に通う派」に分かれるくらいで、ご意見を言う方は滅多にいません。)


もちろん、「周りが運動しているから自分も頑張ろう!!」と思える人や、圧倒されない方はどこ選んでも良いと思います。

ようは、自身にとって「通いやすいかどうか?」「運動を続けられるか?」の方が大切だから。

通いやすく、続けやすいのであれば、大手のスポーツクラブでも個人のマイクロジムでも、大きめの公共施設、集会所の一室・・・どこでも良いのです(・ω・)


これからどこかジムに行こうかな・・・と考えてらっしゃる方は、何かの参考にしていただけたらと思います^^


  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ


フリーランス ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 10:36| Comment(2) | トレーニング・フィットネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

新年初のトレーニングは東京武道館スタートで!!

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^

本日は、正月で怠けたFボディに喝を入れる為、トレーニングしてきました(・∀・)✨
(ちなみに、大体毎年正月で4~6kg増えるけど、今年は500g増えただけwまぁ諸事情あって代謝が異常に良すぎるので・・・)

DSC_6639.JPG

毎年恒例の、年明け1度だけ利用する東京武道館✨

人が全然いなくて、しかもちょっとブスだけど愛想のよい野良猫様が今年もいなくて焦った(´・ω・)<ドコニイッテシマッタノ・・・

代わりにボサ〜としているハトの集団には会った。
DSC_6638.JPG
こうはなりたくない・・・

いや、何の話だw


本日は、普段から弱いと自覚している臀筋を中心に、代わりに上半身は軽めにサクッとやりました。

臀筋・・・お尻の筋肉ね(・ω・)

尻トレなるものがブームになっているとかなっていないとか聞きますが、そんなのブームになる以前の問題で、年代問わずすっごく重要な部位です(`・ω・´)

ヒップが上がっていると単純に「カッコイイ」「メリハリボディ」という意味でも重要っちゃ重要ですが、

日常生活内において「歩く」「走る」「姿勢を正す」といった観点から、そして転倒予防にとっても非常に大切な部分です。

どう転倒予防と関わるのか、直接会った方に教えますw

ただし、臀筋以外にも股関節の可動域の問題や、反射神経なども関わってくるので、臀筋だけ鍛えりゃ良い問題ではありません。


さて、この臀筋、しつこいようだけど、Fトモの弱点です(´・ω・)
ここはホント弱い💦

だから、時々ふらつくし、お尻のカタチも平べったいし、走るのも苦手orz

でもいい加減にここは本気で鍛えないとマズイなぁと感じ始めていますし、筋力は30歳を過ぎた頃から低下します。
とっくに30歳超えて、衰えていく一方なので、今年はもうちょっと頑張ります(`・ω・´)

お尻のカタチが良いとか悪いとかはともかくとして、シニアの年齢になった時に転倒したくないから。

P.S.
ちなみに、今日のトレーニング終了後、松戸でセール品のおこぼれゲットしましたw
(プラーレのとあるプチプラ服店です)
DSC_6641.JPG

DSC_6642.JPG

  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ


福祉・介護ランキング


30代ファッションランキング

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 18:13| Comment(0) | トレーニング・フィットネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

便利になると、身体機能は退化しやすい

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^

BeautyPlus_20181023120118823_save.jpg


ここ数日、急に気温が下がっているような感じが・・・と思いきや、今日の昼間はちょっと暑かったりと、何だか今年は気温に翻弄されている感じがします。

体調を崩しやすい季節ですので、高齢の方や小さなお子様は特に気を付けて頂きたいところです。



ブログやFBでも紹介しておりますが、Fトモの健康運動指導士としての活動のメインは介護予防です。

ですが、時々・・・月に1回あるかないかの頻度ですが、幼児体育の指導もしております。

ただし、今まで全くやったことがないし、おまけに子供の頃は体育がものすごく苦手(特に跳び箱と鉄棒)だったので、OJT兼ねてアシスタントとして・・・です。

指導の内容や流れはかろうじて何とかなるものの、実際に教える時の補助の仕方が本気でわからないのです。
それでも、周りのベテラン指導員の方が丁寧に教えて下さるので、何とかなってますが、最低でもケガだけはさせないよう、そして身体を動かすことが嫌いにならないよう、かなり気をつけてます💦

※Fトモは、普段運動指導をする上で補助(直接身体に触って修正など)はほとんどしませんし、体操教室の時は、説明と見本をお見せするスタンスで行っています。


先日、その体育指導で、改めて気付いた出来事がありました。

鉄棒をしっかり握れない子が意外と多かったのです。
(以前どこかの講習とかでそんな話を聞いたような気もしますし、しゃがめる子供が減ってしまって和式便所を使えない子供も増えているので、特別驚く事でもないですが。)


以下の画像は、鉄棒ではなく、Fトモ愛用のコリほぐし兼遠くにあるものを引き寄せるマジックハンド的なものですが


握る時って、こんな感じで
DSC_6148.JPG

親指曲げますよね。

それが、
DSC_6149.JPG

とか

DSC_6150.JPG

みたいな状態になっていて、
「あぁ、世の中便利になっているから、しっかりモノを握る習慣がないのかな」
って思いました。

握力自体は、どちらかというと小指が要になります(試しに小指以外の全ての指で思いっきり握ってみて下さい。力が入りにくいはずです。)が、確実に掴み、握るにはやはり親指・・・というかすべての指をしっかり使う事が大切になっていきます。

それが出来にくくなってくると、例えば

電車内で立っている時に急に車体が揺れ、手すりを掴み損ねてしまって転倒

といったようなリスクが上がりやすくなります。


世の中はどんどん便利になり、昔に比べると、格段に身体活動量は減少しています。

それも、ただ活動量が減少しているだけでなく、ヒトが本来持っている機能そのものも減少しているように感じます。

先ほどの「モノを握る」という動作(と、プラスアルファで肩の内旋・外旋、前腕の回内・回外等)で例を挙げますと、

・拭き掃除は雑巾→クイックルワイパーなどで、雑巾を握り、絞る機会が減る
(余談ですがの雑巾の絞り方がわからない子供が増えている、という記事を以前読んだことがあります)
・掃き掃除はホーキ→掃除機→ル〇バ(あえての伏字)
・ドアノブや水道の蛇口は捻るタイプのもの→レバータイプや自動のものが多くなり、(指先一つで)簡単に動かせる。
・洗濯物を握って洗濯板でゴシゴシしてからしっかり絞る→今はボタン一つでOK

という感じで、モノを握る動作以前の問題で、意外と身体使う機会って減っているんですよね。


便利になってくるのはもちろん良いし、Fトモも今の便利な世の中にすっかり慣れ切っている世代なのでとやかく言いませんが、これ以上便利になると、本気で身体を動かさなくても生活できる世の中になりそうで怖いです。

ずっと前、久しぶりにドラえもんの長編漫画の「ブリキの迷宮」を読んだんだけど・・・

「人間は指1本動かさなくても生活できるようになった・・・」の所、運動嫌いだった子供の頃は、正直「羨ましい!!」と思いましたけど、今は「恐ろしい!!」と感じますね。

生活は便利になり、文明は進化しているのに、人間の身体機能は退化している。

さすがにこれは極端な例でもありますが、
普通に日常生活を送れ、多少の病気とか持っていたとしても、最低限の自分の身の回りのことは自分でやれるだけの身体機能は1日でも長く維持して頂きたいと思っている以上、便利すぎる世の中にならないことを祈ります。

あとは、運動の重要性に気付いて、フィットネスクラブとか体操サークルなどに積極的に通ったり、普段から通うのが難しい場合は職場でも運動できる機会が増えてくるといいなと思います(`・ω・´)

  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ


生活・文化ランキング


いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 20:10| Comment(0) | トレーニング・フィットネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする