栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)

2019年10月10日

『リア王』と高齢者問題

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます

「シニアになる前から意識しよう!将来、介護を必要としない!」をコンセプトの活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です


先日の月曜、Fトモの中では今までになかったテーマの講演を聞いてきました(・∀・)

DSC_8708.JPG

シェイクスピア『リア王』にみられる高齢者問題

講師は、元 茨木キリスト教大学教授・文学博士の清宮倫子先生。

我孫子駅から徒歩10分ほどの所にある、我孫子市生涯学習センター(アビスタ)ホールで行われました。

DSC_8706.JPG

DSC_8707.JPG

一応超簡潔に「リア王」について説明させて頂きます(・ω・)

シェイクスピアの4大悲劇(ハムレット、オセロ、マクベス、リア王)の最後の作品であり、ストーリーが結構エグい。

リア王という80歳になる王が、3人の娘(長女のゴネリル、次女のリーガンは既婚者、三女のコーデリアは独身だが物語の途中でフランス王と結婚する)に対して、「どんな親孝行をしてくれるのか?」を言わせるところから物語が始まります。

長女や次女は、明らかに歯が浮くような上辺だけのセリフを言うが、リア王が一番かわいがっている三女は黙っている代わりに、誠意を込めて孝行をしようと決意します。

しかし、リア王は口が達者な長女&次女の表面上の言葉を鵜呑みにして、本当にしっかりと孝行をしようとしていた三女には財産領地を一切渡さず、長女と次女に2等分してしまい、忠臣ケント伯はリア王の判断の間違いを指摘して追放される(でも、変装して最後までリア王についていく)。

その後、リア王は孝行してもらおうと、長女、次女の城に身を寄せるが、結局は粗末に扱われる。ついに激怒して嵐の中の荒野に飛び出し、ここからリア王は一直線に破滅への道を進む・・・という感じ。

ごめん、簡単に・・と思ったけど、簡単に説明できないので結論から言うと、主要な登場人物のほとんどが殺されて死にます。

しかも、途中で私欲にまみれた裏切りがあったり、リア王は狂気に陥り(後述するが、多分認知症だったのでは?という見解)、でも最後の方で少しだけ正気に戻り、多少は救われる感じで最期を迎える感じですね。

単なるよくある悲劇のように思えますが、解説を聞いてみると、リア王の破滅の原因となったことと、現代日本の高齢社会の問題と結構似通っているところがあることに気付かされます。

リア王の悲劇の原因の一つとして、

●リア王が上辺だけの言葉に騙され、本質を見抜けなかった「判断力の低下」

が先生からも参加者からも挙げられました。

つまり、長女、次女よりも三女を一番かわいがっていたのに、本音では孝行する気のない長女や次女を信じ、三女は「耳障りの良い言葉」を言わなかっただけで追放していた点ですね。

・・・まぁ、現代だとあれだけ注意喚起しているのに「オレオレ詐欺」系のに引っかかるシニアが多い気がしますが、これも「耳障りの良い言葉」=上辺だけの言葉に騙されて、判断力が低下してしまうのが一つの原因なので、結構似ている描写かもしれませんね(・ω・)

あと、身内に健康に関する専門家がいるのに、タレントが発する簡単そうだけどちょっと意味不明な健康情報の方を鵜呑みにしてしまったりも、ある種近いモノを感じますね。

「●●さえすれば、簡単に痩せる!」的なのもそう(・ω・)

誰しも、本質を見ないで、表面上の耳障りのよい言葉が好きなのだ(・ω・)



そして、先ほどもちょっと書きましたけど、物語が進んで行く中で、リア王はだんだんと狂っていきます。

リア王の狂気を表す発言や判断がいくつかあり、確かに客観的にみて❝狂って❞ますが、本当は「多分、リア王は認知症だったのでは?」との見解に進んでいきました。

大声を出して子どものように泣きじゃくる描写や、暴言、見当識障害、常識から外れた行動、幻覚などの症状が出ている箇所があり、それぞれが認知症の症状に当てはまってもいます。

シェイクスピアの時代では、まだ「認知症」という言葉はなく、でも「お年を召されて呆けた」というセリフはあるので、年齢と共に認知機能の低下はこの時代ではすでに当たり前だったのかな??

というか、この時代に80歳の王って・・・すごいな^^;



そこから、認知症の人にはどう接するか、良き高齢者となるためには、どのような心掛けが必要か?などの話題になっていきました。


いや〜(・ω・)

仕事柄、認知症を始めとする介護や介護予防に関連するセミナーは時間の許す限り参加してきたつもりですが、シェイクスピアの悲劇から日頃見聞きする老人特有の行動や言動、特徴などを考え、そこからどうすべきか??を考えるなんて、新鮮でした!!

視点が面白かったです。


リア王の破滅への道は、決して他人ごとではない。

ちょっとした判断ミスで、誰しもが起こり得ることだと思います。

表面上のことにとらわれず、しっかり本質(中身)を見られるようになること

これは、老後以外にも当てはまります。

普段の生活や、仕事においても非常に大切なことですね。


  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

福祉・介護ランキング


生活・文化ランキング

NO BRAND Infinity WEBショップ
気になる方は、ぜひ一度覗いてみて下さいね^^
http://efutomo.nbinfinity.com/

10/8〜10/22まで、新作発売されてますよ^^

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 20:21| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

伸びるタオル!FANCNESSタオル指導者育成研修

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます

「シニアになる前から意識しよう!将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です

今日の日記は約40日前の、暑くてたまらない時期の思い出し日記です。
まぁ、もうすぐ10月になるのに未だに暑いけど(・ω・)

更新しようを思いつつ、どんどんFトモの中で新しい話題が出て来ていたので、ついつい日が空いてしまいました。

8月19日に以前から気になっていたFANCNESSタオルの研修に参加させて頂きました。

IMG_20190823_111442 (1).jpg

FANCNESSとは、「ファンクショナル=機能的」と「フィットネス=運動」をかけた言葉で、FANCNESSタオルは関西のフィットネス業界では有名な一般社団法人FANCアカデミーから生み出された新しい運動ツールです(・∀・)

当日の研修場所は、こち亀で有名な亀有駅
DSC_8296.JPG
から徒歩5分くらいの121fitness亀有にて。

DSC_8297.JPG

少人数、予約制のパーソナルフィットネスジムですが、実は店内ほぼ全て設立者&代表である近藤ご夫妻のセンスによる手作りです。

すごく、アットホームなジムですよ(・∀・)

さて、FANCNESSタオルですが・・・

タオル1本で、軽めの筋トレやストレッチ、コンディショニング、レクリエーション、まさかのエアロビクスとのコラボも可能です。

タオルなのに、チューブのように伸びますが、程よく柔らかくて心地よく、皮膚に食い込むこともないので、皮膚が弱くてチューブだと辛い方には特にオススメ!

運動ツールとして使いつつ、タオルなので汗を拭き、洗えるので常に清潔な状態で使うことができるスグレモノです✨

そして、案外思いつきそうで思いつかない使い方が多々ありました。

これはいくらでも応用が利くなぁ・・・


今回の研修は、関東にいながらFANCアカデミー代表&現役インストラクターの肥塚さんのエアロビクスも受けられたという、豪華な内容でした✨


初心者向け・・・と仰っていましたけど、普段私が使っているCDよりもテンポが速く、正直「あ、これFトモ一人だけ盆踊りになるパターンだ」と思ってました^^;

が、全然そんなことなく、非常に楽しくできました^^

フォークダンスとエアロのコラボは、すごく新鮮で楽しませて頂きました。実は、先日行った脳活リズム体操の参考にさせて頂きました♡


って、タオルからエアロの感想になってますが(笑)、あくまで当日はタオルの研修ですので(笑)

FB_IMG_1566257127138 (1).jpg

ご一緒させて頂いた皆様、ありがとうございました☆


あと、もしご興味のある方がある程度(5人以上)いらっしゃるようでしたら、FANCNESSタオルの体験会や定期的なレッスンやりたいですね^^

  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ


フリーランス ブログランキングへ

NO BRAND Infinity WEBショップ
気になる方は、ぜひ一度覗いてみて下さいね^^
http://efutomo.nbinfinity.com/

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 23:48| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

【セミナー参加】教科書では学べない解剖学の世界

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます

「シニアになる前から意識しよう!将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です

前回の記事から、またまた日にちが空いてしまいましたね💦

書きたいことがてんこ盛りだから、毎日更新しないと追いつかないのに、如何せん疲れてますorz

良い疲れだから、別に「ストレス溜まりすぎて死にかけている」とかそんな状態にはなっておりませんので、ご安心下さい(?)


さて、本日は世間では3連休最終日ですが、フリーランスのFトモにはそんなの関係ないので・・・

でも、今日はやっと休み!

久しぶりのオフは、近所のジムでみっちりトレーニングもアリですが、今日は自分の頭に投資です

北千住のピーくんカフェにて・・・

DSC_8510.JPG

正確に言うと、ピーくんカフェ内の、イベントルーム的な所で、

DSC_8511.JPG

苦手な解剖学を勉強しに行きました^^

カワイイケロ・・・じゃない、ハロウィンのお菓子も頂きましたw

DSC_8512.JPG

これでも解剖学に関しては、大分マシになったとは自負しておりますがw

管理栄養士を目指していた大学生時代は、一応「解剖生理学」なる授業がありましたけど、当時はまだまだ知識も豊富ではなく、ほとんど理解不能でしたorz

※管理栄養士過程のカリキュラムって、栄養、食べ物、調理だけを学んでいるイメージあるかもしれませんが、ヒトの体や命を左右する学問でもあるので、生理学系も結構勉強しますよ。そもそもその辺が解っていないと、栄養学わからなくなるので。

トレーニングが楽しいと気付き、最初に就職した職場でトレーニングの超基礎知識を学んでいる時は、そこのトレジムで出来るトレーニング種目と使用筋肉の名前と大体の場所を覚えるのに精一杯で、

健康運動指導士を目指している時に、「起始・停止」とかの意味が解り、

飼い犬の介護をしながら一生懸命勉強して、晴れて健康運動指導士を取った瞬間に「生意気」と言われ、職場クビになった後に正社員として就職できた会社では「解剖学とか専門的なことは聞かれないし、知らなくて良い。とりあえず、しっかりした挨拶とエアロビクス指導さえできれば良いから」という雰囲気だったので、解剖学からどんどん遠ざかって行き、

気がついたら、解剖学のどの辺が理解してして、どの辺が理解していないのかすらさっぱりな状態となってましたorz

もちろん、余裕が出来た時に勉強し直したので、多少はマシになりましたけどね(´・ω・)

今回のセミナーは、偶然FBで発見しました。

講師は、作業療法士の小山綾先生。

DSC_8513.JPG

北千住にあるカラダの調整所 glnarsの代表の方です。

どの筋肉がどの骨にどんな風にくっついて、どんな作用をするのか

とか、

ハワイ大学にて、実際にご献体を解剖されたからこそお伝え出来る内容を惜しみなく教えて頂きました。

教科書じゃ絶対わからない内容でした💦

そして、梨状筋症候群や胸郭出口症候群についても、解剖学の観点からいろいろと説明して下さりました。
個人的に以前聞いた事がある都市伝説な内容についても、何となく「違うのではないか?」と思っていた内容もしっかり説明して頂き、「何となく」が「確信」に変わりました^^


その他にも、「筋膜」や「仙腸関節」など、個人的に気になっていることについてのご説明や、最後の方のグループワークで、同じテーブルの方々それぞれの視点からの情報・意見交換も出来、めっちゃくちゃ有意義な時間となりました!


今日のセミナーは、本当に良かったです

そして、職業的に解剖学の知識は必須なので、しっかり勉強し直そうと感じました(・ω・)

手元にある本が筋肉系だから、骨とか神経の本も探してみよう。

本当は骨格標本が欲しいけど、置く場所がないしね(´・ω・)<ザンネン

あ💡全身の骨格標本(ヒトver.)は誕生日プレゼントとして受付t(以下略


  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

健康と医療 ブログランキングへ


フィットネス(全般) ブログランキングへ


フリーランス ブログランキングへ
NO BRAND Infinity WEBショップ
気になる方は、ぜひ一度覗いてみて下さいね^^
http://efutomo.nbinfinity.com/

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 23:28| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

野菜嫌いをなくすコツ教室 冬の葉物野菜ver.

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^

BeautyPlus_20181202115151357_save.jpg
(2018年最後のNBI新作受付は昨日で終了しました。また来年からをお楽しみにw)

本日は冬至ですね(・ω・)
冬至と言ったら柚子湯だと思いますが、先月柚子についてブログに書いたので、ご興味ある方どうぞ(^ω^)

( ・∀・)つ<柚子あれこれ



さて、年末まで思い出し日記をひたすら書こうと思います(・ω・)

随分前の話になりますがw
12月3日(月)、真夏に離乳食アドバイザーの講座でお世話になった母子栄養協会でのセミナーに参加してきました(・∀・)

テーマは「野菜嫌いをなくすコツ」

講師は離乳食アドバイザー、幼児食アドバイザー、そして野菜ソムリエでもある香月りさ先生です。

47324530_1951373908500617_3240291123884720128_n-e1543820117706.jpg
※画像拝借しました💧
奥の方にいる、くすんだピンクの服着ているのがFトモですw


今回の講座では、今の子供の嫌いな野菜の意外なものから始まり(てっきりピーマンかと思っていたけど、本気で予想外すぎる野菜でした💧)

DSC_6422.JPG

なぜ野菜が嫌われてしまうのか、食べ物の5つの基本の味について、そして野菜が好きになる子になるために知っておきたい野菜の選び方などを丁寧に教えて頂きました!!

DSC_6426.JPG

特に今回は、離乳食を作る際によく使う野菜の特徴や選び方のコツ、活用法がFトモの中では本当に目からウロコでした(・∀・)

Fトモ自身、今はセロリ以外の野菜は大好きですが、幼少期はトマト以外大嫌いな子でしたwww
(それでも、親はあまり気にしなかったそうですが^^;)

そして、実家暮らしなFトモはあまり食材の買い物にそこまで関わることもなく・・・
保健センターでの離乳食教室の仕事でも、そこまで言わないし(野菜について以外にお伝えすることがたくさんあるから)

野菜の選び方などの特別な知識があるわけではなかったので、参加できてよかった〜

帰りにスーパーで人参とかキャベツとかいろいろ見て「ほ〜なるほど(・ω・)」と感じてましたw



そして今回のセミナーでは、『だしママ PROJECT』というやいづ善八によるだしの良さを伝えるための社会活動でもあり、
DSC_6421.JPG

だしを使って野菜を美味しく食べ、子どもの好き嫌いを改善することで、子育て世代が実現しやすく無理のないアドバイスを心がけておられるとのことです。

なので、試食はだしを使った和風ミネストローネとにんじんスティック(・∀・)
IMG_20181203_170726.jpg

にんじんの青臭さなど感じず、すっごく美味しかったです

味も満足いくから、ホント減塩しなきゃいけない方にもぜひ使って欲しいです。

お土産で「やきつべのだし」も頂けたし、しっかり勉強できたし非常に満足なセミナーでした(・∀・)

だしの専門店「やいづ善八」公式サイトはコチラ

次、また同じシリーズのセミナーがあったら参加したいと思っていたら、
2/8 おコメとおダシのおいしい話

があるので、即行で申し込みました(`・ω・´)

今から楽しみです^^

  


〜おまけ〜
今日から世間では3連休ですが、まさかのFトモも3連休となりました(・∀・)
もちろん遊びに行きますが、やりたいことちょっとは進められるかな(^ω^)

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 14:17| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

第17回 日本臨床栄養協会関東地方会 『心不全の栄養管理』

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^


あっという間に12月です💧
もう今年も残り一ヶ月か〜(´・ω・)

今月は忘年会やら望年会やら暴年会(!)やら色々ありますが、それ以上に仕事や勉強会などが多いので、全てをしっかり楽しみつつ、そして心身ともにスッキリさせた状態で新年を迎えられるようにしていきたいです^^

そんなわけで、回想日記ですが(書く時間がなかった)、12月1日の出来事でも(・ω・)


この日は日本臨床栄養協会の関東地方会に参加してきました(・ω・)
(ちなみにですが、丁度この日の夜に、協会より新しい資格証などが届きました。更新無事完了です。)

DSC_6391.JPG


今回のテーマは『心不全の栄養管理』
DSC_6404.JPG

・・・て、あれ??
「心不全の栄養管理って、確か基本的に塩分と水分制限とか、エネルギーや脂質の量を増やさずにたんぱく質の量をしっかり確保だったかなぁ??ハテ(・∀・)」と、何ともあやふやな記憶が(;^ω^)

そもそも、学生時代にこの分野習ったっけ(?ω?)と思い、分厚い臨床栄養学の教科書見直したら、確かに勉強した形跡がありましたwww

しかし、それなりに分厚いのに、書いてあるページはたったの1〜2ページ💦
これじゃ記憶はあやふやになるわ💧

なので行ってきました^^


内容は、
1.基調講演「心不全の栄養管理」
2.心不全の症例検討
3.循環器リハビリの実例


プラスで、実際の症例検討やリハビリのお話も聞けるし、NR・サプリメントアドバイザーの更新単位にもなるから、むしろ行くしかないだろうとw


1.基調講演「心不全の栄養管理」
どんな内容だったかは例によって割愛しますが、心不全の栄養管理自体は、未だ良くわかっていない所もあり、明確な値を決めるエビデンスが存在しない箇所もあるとのこと。

う〜ん・・・だから教科書も何となくあやふやなのか・・・
ただ、少なくとも悪化するような内容ではないです。

そして、この心不全でもやはりコレステロールやBMIとの関連が出てきました(`・ω・´)
まぁ心不全患者さんの年齢も考えると、納得いく部分もありましたが、「え!?ココ確実に習った事ない(・ω・)」という内容もあり、また心不全のステージ別の栄養療法やメカニズムそのものもわかりやすく教わることができました(・∀・)

今回頂いた資料、講演内容はかなり貴重だなと感じました✨


2.心不全の症例検討
実際に病院で心不全患者さんへの栄養管理を担当されている管理栄養士さんによる症例検討。

はっきり言って、いかにこの管理栄養士さんが苦戦されているか、そして患者さん自身もおそらく意識はされているのだろうけど、ネットなどの(健常人向けの短絡的な)情報に飛びついてしまい、改善と悪化を繰り返す経過は、何とも言えない気分になりました(´・ω・)

ここでは、発表のあと、会場の参加者(ほとんどが有識者)によるアドバイスや見解などもあり、「あ〜、そういう視点もあるのか〜」と聞いてました。心不全だと腎臓も悪くなっていることが多く、そうなってくると服薬しているとは言え、栄養管理や水分管理など諸々と難しすぎますね💧

3.循環器リハビリの実例
最後は理学療法士さんによるお話。

現時点では、医療施設での運動の仕事は受け持っていませんが(なぜなら、主に❝予防❞に力を入れているから)、もしかしたら今後はあるかもしれませんし、おそらくニーズはもっと増えてくるだろうと感じていますので、こちらも超真剣に聞いていました(`・ω・´)


以上のように、当日のセミナーは、Fトモの中では超豪華な内容だったと思います。


最新の心不全の栄養管理のお話から始まり、実際の症例やリハビリのお話をまとめて聞けるなんて素晴らしすぎました♡




ちなみに・・・

会場は、三軒茶屋にある昭和女子大学であり、受験期の(管理栄養士系を目指すようになってからの)第一志望校でした。
(当時の理由→@受かる自信があり、Aそこそこ偏差値高くて、B名も知れ渡っており、C式典の際はスーツだから卒業式の時に袴を準備しなくて良い、D通学定期で渋谷にも行ける!という今思うととんでもない動機でした^^;)

今思うと、通学に時間のかからない、W大学で良かったと思ってる(・ω・)

偏差値が高かろうと低かろうと、管理栄養士の勉強することには変わりはないので(・ω・)

数年前に昭和女子大学に行った時も同協会のセミナーでしたが、変わらず素晴らしい学内でした(・∀・)

DSC_6390.JPG

DSC_6387.JPG

DSC_6393.JPG

正門入ってひたすら真っ直ぐ行くと、謎の池がありますが、相変わらずカモさんとコイさんもお元気そうでしたw
(ただし、数年前と同一人物(?)ではないと思う)
DSC_6407.JPG

DSC_6411.JPG

セミナー終わってほんのり薄暗くなり、控えめなイルミネーションが素敵でした♡

DSC_6405.JPG

DSC_6412.JPG

入学できなかった分、また今後もセミナーなどでお邪魔しようと思います^^

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 21:28| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする