栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)

2017年08月03日

ファイン・ラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート プレーン味

数あるブログの中からご訪問下さり、ありがとうございます^^

将来、介護・看護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士&管理栄養士のFトモこと藤田朋子です^^

なんだか8月に入ってから夏らしくない・・・というか、秋になるんじゃないか??疑惑てんこ盛りな陽気ですが、皆様お変わりありませんでしょうか(・ω・)

今日の記事はただの自己満日記でございます。

先日、三鷹で仕事をした帰り、久々に新宿オシュマンズに寄って、切らしていたプロテインを購入しました(・∀・)

ファイン・ラボさんのホエイプロテインピュアアイソレート(プレーン味) 6480円
IMG_20170731_224703.jpg

IMG_20170731_224719.jpg

ちなみに、初めて買うプロテインです(・ω・)

今までは、ドラッグストアで割引のタイミングで購入していたのですが、食品表示に敏感になってから今更ながら驚愕の事実に気付いてしまったのです。

ココア味とかバニラ味など、味付きプロテインのほとんどに人工甘味料・・・しかも、Fトモが嫌いなアスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK、その他諸々が入っていることに(´・ω・)

でも冷静に考えてみたら、あんなに味がついていてエネルギーをグッと抑えているわけだから当たり前だよね💦

そんなわけで、今回は視点を「人工甘味料不使用」にして、片っ端から表示を見て選んだのがこのプロテインです(・ω・)
※店員さんが不思議そうに見ておられました💧すみません💦

IMG_20170731_224733.jpg

おぉ✨
原材料が「乳清たんぱく」と「レシチン」のみ!!
※ちなみにこのシリーズの他の味は人工甘味料入ってました。

IMG_20170731_224749.jpg

また、乳糖除去してるっぽいので、乳糖不耐症(牛乳飲んでお腹ゴロゴロする方)でも大丈夫だそうです。
※ただし、Fトモは乳糖不耐症ではないのであまりキニシナイ←自分中心に考えるヒトw

DSC_3764.JPG

着色料も不使用なので、自然な純白!!

味は・・・当たり前だけど、甘さがないのでストイックな味でした^^;
なんていうか、砂糖が入っていないメレンゲを飲んでる感じです・・・

でも、味付きプロテインを飲んでいて何となく感じていた口腔内のピリピリ感とかモヤモヤ感はなかったな(・∀・)

確かめたい方は、150円払って下されば1食分試飲させますよ♡

今まで味付きプロテインに慣れていたから、しばらく大変かもね💦

でも冷静に考えてみたら、トレーニング後に不足しがちなプロテインを摂りたいわけであって、甘いドリンクを飲みたいわけじゃないので、これで良い(・ω・)

せっかく身体を作るために飲むんだから、余計な変なもの入っていない方がいいな♪

もちろん、これに関しては個人の好みとかが絡むので、Fトモから強制できるものではないですが、
プロテインに限らず、いろんな食品に人工甘味料入っているわけだから、完全に回避はできないもの。そして表示自体も完全に信用しきれるものではないですが、よく見てなるべく不要なものは摂らないようにしないといけませんね。

  
↑今気付いたのですが、アマゾンで買った方がはるかに安かった・・・(´;ω;)

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ


管理栄養士 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます(・∀人)♡
posted by Fトモ at 16:38| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

管理栄養士を目指している短大生・大学生・専門学校生にやって欲しいこと〜学外活動編その1〜

数あるブログの中からご訪問下さり、ありがとうございます^^

将来、介護・看護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士&管理栄養士のFトモこと藤田朋子です^^

先日購入したドラクエⅪに夢中になっておりますw
いっそのこと、ドラクエ休暇を取りたいところですが、さすがにそこまでアホな事を言える身分ではないので、今後もやるべきことをしつつ、楽しもうと思います☆

夢中になっているとはいえ、理性が残っているのでコントロールはできてます(`・ω・´)


さてさて(・ω・)
また真面目な記事でも(・ω・)

管理栄養士を目指す学生さん向けシリーズを書かせて頂きます。

【バックナンバー】
勉強編その1


流れ的に勉強編その2を書きたいところですが、それはまた今度w


実は先日、松戸駅から徒歩3分ほどのところにあるコワーキングスペース『デジラボ』で月1でゆる〜く開催されている『異業種交流会』に参加してきました。

DSC_3742.JPG
ここ、フリーランスの方の作業や仕事はもちろん、学生さんが勉強するにもオススメです^^

ちょっとこじんまりとしたスペース内で、各々持ち寄ったドリンクやつまみを食べつつ、いろいろ交流しましょうという感じです。

DSC_3749.JPG

DSC_3743.JPG

今回はBBQもしつつ・・・なので、差し入れのお肉やらお野菜やらたっぷり♡
DSC_3744.JPG
※ちなみにワタクシめは、普段食べないような肉(3割引き)を差し入れしました。

DSC_3746.JPG
メラゾーマ( ゚∀゚)✨



・・・で(・ω・)

こーゆー交流会って、社会人とか起業家とかそれ以外にもなんかすごい人とか特別変わった人とかが参加するもので、学生は場違いだと思われている方、多分多いと思います。
少なくとも、Fトモも学生時代は参加してはいけないものとも思ってました。

だけど、それは間違いです。

金と時間の都合がつくのであれば、参加した方が良いと気付きました。

それは、以下の理由によります(・∀・)

1.学生時代は人間関係が狭い
普通の学生生活送っているなら、人間関係って学校かバイト先かくらいだと思います。
学校は同じ目標に向かって進んでいる人同士の集まりだから、ある意味居心地がよいし、バイト先は好みや場所、時給で選んだりなので、ここもある意味同じような人同士の集まりです。

同じような人間関係の中で生活していたら、同じような思考・視点しか持てなくなる可能性があります。

そうなると、成長しにくくなります。

もちろん、学生時代の人間関係も大切ですが、あえて違う世界にも足を運ぶことによって物事を多角的に見ることができるようになってくると思います。

2.社会人と直接話せる
バイトやっている人は、当然社員がいるわけだから多少なりとも話すことはあると思いますが、その業種の人以外の人と話せる機会ってないはず。

社会に出れば、本当にいろんな職業の方がいます。
職業ごとに仕事内容が違うので、考え方もそれぞれだと思いますが、
「こんな職業もあるんだ」「こんな考えもあるんだ」ということに気付けたり、もし管理栄養士として働くことに疑問などあり、他の職業のことも知ってみたい・・・と少しでも思うのであれば、交流会に参加してみると良いと思います。
間違っても、就職説明会で会う人は、「本音で語る」と書かれてあっても、向こうも就活生の心を掴むために多少なりとも脚色を加えて話すと思います。

案外、違う職業の方と会うことによって、自分の将来について考え直すことができたり、新たな道にも気付けたりするかもしれません。

3.人に対する免疫をつける
そして、管理栄養士でもそうでない職業に就くことになっても、人に対する免疫がないと仕事ってうまくいかないです。
学歴とか資格よりも、やっぱコミュニケーションの方が大事だなぁとつくづく感じますし・・・

Fトモもどちらかというと人見知りタイプですが、何度か交流会などに足を運んでいく内に、まぁまぁマシになってきました。

それに、管理栄養士目指しているなら、多分栄養指導も視野に入れていると思いますが、ガチでいろんな人います。将来、物怖じせずに仕事したいのなら、ある程度時間が自由な学生の内からいろんな人と話して慣れた方が絶対に良いです。

また、様々なバックグラウンドを知っておくと考え方が柔軟になり、指導する際も教科書的な模範解答ではなく対象者様の生活状況を考慮した親身な栄養指導が出来てくると思います。


あくまでFトモ個人の考えではありますけどね(・∀・)

もし交流会デビューを考えているけど金銭的な面とかで難しい方は、カフェでのんびり話すスタンス(大抵注文した飲み物代のみ)も結構あったりするので、まずはそういう所から足を運んでみてはいかがでしょう(?ω?)


  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます(・∀人)♡
posted by Fトモ at 23:03| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

管理栄養士を目指している短大生・大学生・専門学校生にやって欲しいこと〜勉強編その1〜

こんばんは(・∀・)

将来、介護・看護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士&管理栄養士のFトモこと藤田朋子です^^

DSC_3690.JPG
※今回のNBIウェアの受注期間は25日まで!!急げ〜!!


さて、相変わらず暑い日が続き、暑さに弱いFトモは茹でダコの様にへばっておりましたが皆様お変わりありませんか??

今回は珍しく、読者の対象を管理栄養士を目指している現役の学生さん(や、その親御さん)にしてみます(・ω・)

入学してから初めての夏休みを迎えた方から、卒業前最後の夏休みの方まで様々だと思いますが、まず夏休みなんていうものは、社会人になってからはあって無いようなもの
だから、バイトでも遊びでもボランティアでも勉強でも何でもいい。
夏休みは自分がやりたいと思っていることを精一杯やって欲しいと思います。

ただ、人それぞれだとは思いますが、今Fトモが管理栄養士として活動している中で、学生時代に「これやっておけばよかった・・・」と思うことがいくつかあるので、それも含めて紹介したいと思います。

今回は勉強編その1(・ω・)

■その1■
「勉強の習慣をつける」

管理コースの方は卒業と同時に国家試験受験資格が得られ、それ以外のコースの方は卒業後に実務経験を得てからの受験になります。

管理栄養士国家試験、はっきり言って難しいです。
ただ、卒業してすぐ受験できる方は、学校でもバリバリ対策しているので多分大丈夫だとは思います。

その代わり、仕事しながらの試験勉強は本当に大変なハズ。
聞いた話によると、栄養士だけだと調理の仕事メインの肉体労働で疲れ切って勉強する気力がなくなってしまうそうな・・・

だけど、勉強しないと受からないので、学生のうちから意地でも毎日勉強する習慣をつける癖を必ずつけて下さい。
5分でも10分でもいいです。少なくとも5分あれば、何か1つくらい覚えられるでしょ(・∀・)

また、Fトモみたいに管理栄養士資格を利用して健康運動指導士を受ける・・・といった事例も多分あると思うので、それでもやっぱり勉強する習慣は大事です。
というか、管理栄養士にプラスアルファな資格やスキルを持っていないと今後厳しいと思う・・・

■その2■
「国試の為に、臨床系を中心に・・・でも添加物や表示の見方も学んだ方が良い」


臨床栄養、国試の中で結構な割合が出ますので、この分野を中心に勉強するのは当たり前(・ω・)
また、人気の特定保健指導の仕事は最低限の生活習慣病について理解することは必須。

ただ、これは特定保健指導をやっていて気付いたのですが、対象者様は保健指導対象になっているからといって健康管理に疎いわけでも興味がないわけでもありません。

※中にはどうしようもないくらい健康管理に興味がなかったり、TVで話題になる情報を本気で信じ、「違う」と言っても一向に耳を貸さない人もいますが、そんなのはもう知らん。事例??さすがにブログで書けない。

むしろ、かなり調べて実行されている対象者様もいるのですが、減量のためにエネルギーカットをするあまり、ゼロカロリーの食品とかを利用する方、非常に多いです。
そもそも、味は変わらないのに何でエネルギーが低いのか??それは人工甘味料を使っているパターンが圧倒的に多いから。

人工甘味料はモノによっては勧められません。たまに、違う管理栄養士さんから「カロリーがなくてor低くてヘルシーだから・・・」と薦められた・・・という話を聞くこともありますが、少なくともそういった製品を薦める管理栄養士にはなって欲しくないのです。

人工甘味料使ったカロリーオフの製品進めるくらいなら、普通に砂糖で甘さを出した製品の方がまだマシです。

人工甘味料にとどまらず、いろいろな添加物が存在していますが、表示を見て少なくても安全性はどうなのか、1種類だけか、何種類かまとめて入っているのか、などの見方は今後覚えた方が絶対良いです。
(例えば、「カラメル色素」と書かれているだけだと、「カラメル色素T〜W」のどれが入っているかわかりません。また、「酸味料(〇〇)」なら〇〇のみ入っている、とわかりますが「酸味料」だけだと、数ある酸味料の中でどれが入っているのか、それが安全性が認めらているのか不確かものなのかすらもわからないのです)

だけど、学生の時ってあまり添加物について勉強する機会なかったのでは??
今はどうだかわかりませんが、少なくともFトモの時はそこまで勉強しなかったです。とにかく国試対策優先だったから。

だから恥ずかしい話、人工甘味料などの添加物については卒業後もしばらく無頓着でした・・・(´・ω・)

しかし、きっかけがありました。それは、正社員やっていた前の会社の介護予防教室に参加されていたおじいさん(確か4年くらい前)からのお話。食品関係の会社の重役だったらしく、添加物についてかなり詳しかったのです。

そのおじいさんに、
「ほとんどの栄養士さんは、栄養や食事、生活習慣病の事をよく学んでいるのに添加物についてよくわかっていない方が多い気がする。食の安全について叫ばれているし、今後は添加物や表示について絶対学んだ方がいい。」

と言われたのがきっかけ。


当時はピンとこなかったのですが、今なら激しく同意できるな。
更にいうなら、学生時代にそういったことを言って欲しかった・・・

だって社会人になったらやっぱり学ぶことって大変だもん。

でも食分野の唯一の国家資格である管理栄養士持っているからには、食に関わる添加物についても知っていた方が絶対良いです(`・ω・´)

ちなみに、最近は保健指導でも添加物について結構聞かれることありますよ☆

■今回のまとめ■
とりあえず、
・勉強する癖をつける
・添加物について勉強する

  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます(・∀人)♡
posted by Fトモ at 23:13| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

野菜ジュースは良いのか悪いのか?〜注意点〜

こんにちは(・∀・)

将来、介護・看護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士&管理栄養士のFトモ(藤田朋子)です^^

DSC_3492 (1).JPG

DSC_3545.JPG

この時期、お美しい紫陽花♡
といっても、あんまり梅雨らしくない気が・・・💦

今日もアホみたいに暑くなりそうです。
熱中症に気を付けて下さいませ^^

さて、多分最終章となるであろう「野菜ジュースシリーズ」でも(・ω・)

【バックナンバー】
〜基本的な特徴編〜
〜野菜ジュースの活用例〜
〜選び方編〜

【前回のあらすじ】
キャッチコピーに惑わされないで、裏面の成分表示をよく見なさい(`・ω・´)


今までの記事では、活用方法や選び方に気を付ければ「野菜ジュースは良いですよ」的な内容でしたが、最終章はガラッと変わり、こんな人は控えて下さいね!という内容です。

「こんな人」とは、腎臓が悪い方(特に慢性腎不全)。


浮腫(むくみ)や高血圧を予防・解消するにはカリウムが良い!なぜなら、カリウムはナトリウムを排出する働きがあるから・・・という話を聞いたことはあると思いますので、カリウムは何となく「良い栄養素」というイメージを持たれているかもしれません。

実際、カリウムもナトリウムも生きる上で必ず必要な栄養素なので、どっちが良いとか悪いとかという話で済むものではありません。両方大事。

ただ、カリウムは大部分が腎臓の働きによって体外に排出されるようになっており、腎臓の機能が低下すると、当然排出量も減ります。

すると、体内のカリウムの量が多くなり、高カリウム血症になりやすくなります。

高カリウム血症の症状はいろいろありますが、最悪の場合死にます(・ω・)

残念ながら慢性腎不全は改善することはほぼないので、なってしまったら高カリウム血症を予防する為にカリウム制限をする必要があるのです。

超細かい話は端折りますが、1日に2000mg以下にするようにします。
(カリウム排泄能力や、血液中のカリウムの量にもよります)

※カリウムは果物や野菜、いも類、肉、魚など平たく言うといろんな食材に含まれます。
参考までに・・・カリウム含有量が多いバナナは1本(150g)だと540mg入っています(7訂食品成分表より計算)

さて、100%野菜汁のジュースは・・・(?ω?)

DSC_3553.JPG

1本で770mg!!

腎機能に異常がない方で、時々補給程度に飲むくらいならなんてことない量ですが、カリウム制限のかかる慢性腎不全の場合ですと、摂り過ぎになる危険性があります。

もし知り合いに腎不全の方がいらっしゃるようなら、安易に野菜ジュースは飲ませないように・・・

もちろん、検査結果によりますが、全く飲んではいけないというわけではなく、飲むとしても少量にしたり、野菜を茹でたり(カリウムは水に溶ける性質)して、少しでもカリウムを減らすことが良いですね^^




というわけで(・ω・)

野菜ジュースに関しては、賛否両論がありますが、人によってメリットもあればデメリットもあります。

今回書いた内容に関しては、結構最悪のパターンも書きましたが、なぜそんなこと書いたかと言うと、「食」って本来は生きる為に必要なことだけど、その人の選び方や食べ方によっては命の危険もあるということを知って欲しかったから。



結構続いたな、この野菜ジュースシリーズw

自分でもビックリw


さて、今日はこれから太極拳レッスン受けて両国でトレーナーの仕事でございます(・ω・)

今日もがんばろう!!

  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます(・∀人)♡
posted by Fトモ at 11:10| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

野菜ジュースは良いのか悪いのか?〜選び方編〜

こんばんは(・∀・)

将来、介護・看護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士&管理栄養士のFトモ(藤田朋子)です^^

火曜日なので、今日は誉田で脳活(^^♪
今日もたくさん笑い、顔が痛くなりましたw

さて、またまた闇に葬るところだった野菜ジュースシリーズの更新しますか(・ω・)

第三弾でございます。

【バックナンバー】
〜基本的な特徴編〜
〜野菜ジュースの活用例〜

【前回のあらすじ】
どうしても野菜が不足気味なら飲んでもよい。
ただし、「飲まないよりかは多少はマシ(・ω・)」くらいの気持ちでw


さて、今回は選び方でも(・ω・)

●野菜ジュースも様々な種類が出回っているので、どれを選べば良いのか??

よく聞かれます。

これは目的にもよりますが、野菜を多少なりとも補うという点においては、断然野菜汁100%の製品をオススメします。

どのメーカーが野菜汁100%なの?と聞かれることもありますが、メーカーで選ぶのではなくて、表示を見て選んで頂きたいです。

こんな感じで書いてあります↓↓
DSC_2679.JPG

大体が砂糖や食塩不使用で、食物繊維が不足している以外は限りなく野菜に近い状態となっているはずです。

また、裏面に使用している材料が書かれていますが、野菜汁100%なのにレモン汁と書かれている製品もありますが、これは製造過程で壊されるビタミンCをフォローしていると考えてよいです。

●果物ベースはダメ?

野菜と果物の混合ジュースは賛否両論ありますが、F個人としてはオススメはしません。
詳しい話は省略しますが、果物に含まれる果糖は血糖値の上昇には関与しませんが、多量摂取は中性脂肪の蓄積を招き、コレステロールの合成を促進すると言われています。

果物自体には、果糖以外にもブドウ糖、二糖類、多糖類、食物繊維、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質が含まれているのでむしろ食べて欲しい食品ですが、繊維質の少ないジュースとして飲んでしまうことによってそのまま食べるよりも過剰に果糖などが吸収されてしまう恐れがあります。

砂糖が含まれている場合もあり、口当たりがよいので、ついつい飲みすぎてしまう危険性もありますし💦

ただし、野菜嫌いを克服するような場合で野菜ジュースを利用するのであれば、最初の段階では果汁入りでも良いとは思ってます。

だって、野菜嫌いなのにそのまま野菜だけのジュースというのは、ちょっとハードル高いでしょう?

●大事なのは、表示を見ること!

さて、野菜ジュースに限らず、何か製品を選ぶ際は、メーカー名とか「●●(美容成分)配合でシェイプアップ」とかそんなキャッチコピーに踊らされず、しっかりと成分表示を見ましょう。


美容に良さそうなドリンクでも、結構摂ってはいけない成分てんこ盛りの場合が多いです。
(例えば、人工甘味料とか安全性が不確かな添加物とか・・・)

「身体に良さそう!」と思って野菜ジュースを選ぶにしても、妙な添加物がたくさん入っている場合もあったりしますし、今後Fトモが提供するサービスに参加して下さる方には、その成分の見方も教えます。
(といっても、大体調べればわかることだけどねw)

〜まとめ〜
とりあえず、野菜汁100%!!

●おまけw
今回の記事と全然関係ないけど・・・
千葉駅内のカフェでドーナッツとカフェラテ注文したら、カップの上にドーナッツが乗せられてきたw
DSC_3476.JPG

一瞬ビックリしたけど、見た目の奇抜さや余計な洗い物が増えない工夫に地味に感動しましたw

  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます(・∀人)♡
posted by Fトモ at 21:21| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする