栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)

2019年08月15日

熱中症予防☆水分補給のタイミング

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます

「シニアになる前から意識しよう!将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です



昨日、台風10号の影響で、ゲリラ豪雨に出くわしました(´・ω・)

ホントに、ちょっとしたタイミングで・・・orz

しかし、今回の台風は超ヤバそうですね💦

甚大な被害が予想されますが、どうか少しでも被害が小さくなりますように・・・

さて、まだまだ残暑が厳しい今日この頃。

熱中症予防シリーズ更新します(・ω・)

【前回のあらすじ】
熱中症予防に塩分は必要ですが、まずは1日3食の食事をしっかりと✨

【バックナンバー】
熱中症予防☆汗をこまめに拭こう
熱中症予防☆不感蒸泄に気をつけて
熱中症予防☆塩分


熱中症予防や脱水予防の基本中の基本は、やはり1日3食のバランスの良い食事としっかり睡眠をとること、そして水分を1日の中でこまめに摂取することです。

なぜ「こまめに」かというと、体内で一度に吸収・利用できる水分量は限られていますので、仮に一度に飲んでしまっても余った分は排出されやすくなるから。


しかし、喉の渇きを感じにくいorむせるのが嫌で水分を避けてしまうシニアの方や、浮腫むのがイヤな女性などは結構水分補給しないもの💦

先月くらいに、管理栄養士として水分補給の講義をさせて頂いた際、「そういえば水飲んでない」と仰る方が多かったです。

女性が浮腫むのを気にして飲まないのは、かえって逆効果です。

水分を外に出さないようにと防衛反応が働き、余計に浮腫みやすいという話もあります。


一応知っておいて欲しいのですが、1日の中で水を飲むタイミングが最低でも8〜9回はあります。


1.起床後
2.朝食時
3.朝食〜昼食の間
4.昼食時
5.昼食〜夕食の間
6.夕食時
7.入浴前
8.入浴後
9.就寝前



仮に喉が渇かなくても上記のタイミングでコップ1杯を意識して頂くと、コップの容量にもよりますが少なくとも1〜1.5Lは普通に飲めるはずです。

よく「1日に1.5〜2.0Lの飲水が必要」と言われていますが、実際に体内から出てしまう水分は約2.5L

尿や便、汗から合計約1.5L、不感蒸泄で約1L失われますが(体重60kgとして、ざっくりした計算結果です)、実は1日3食の普通の食事で約0.8L、代謝水として約0.3Lで少なくとも約1Lは飲水以外で水分補給ができることになります。

だから、残りの1.5〜2.0Lは飲水で・・・になります。

あくまで計算上ですけどね(・ω・)


もちろん、それ以外のタイミングで「飲みたいな」と思うことがあればその時でも構いませんし、シニアの方はむせるのが嫌ならとろみをつけて飲むのも大事です。


※あくまで水分摂取量制限がない方向けの記事です。
腎不全や心不全などの水分摂取量の制限のある方は、かかりつけの医師の指示に従って下さいね。



ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

健康と医療 ブログランキングへ


管理栄養士 ブログランキングへ

NO BRAND Infinity WEBショップ
気になる方は、ぜひ一度覗いてみて下さいね^^
http://efutomo.nbinfinity.com/

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 06:00| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

熱中症予防☆塩分

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます

「シニアになる前から意識しよう!将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です


今日も暑い💦

世間では社会人の方の夏休みだそうですが、かつて在籍していた会社1社目は「夏こそ働け!」な所で、2社目は「休むことは悪。親の葬式に出られると思うなよ!」な所だったので、Fトモの中での夏休みは学生時代をもって終わってます(´・ω・)
※ちなみに、2社目の葬式云々は、社内での地位が高ければ参加できるが、勤続年数が短い立場の低い社員はダメらしいという噂。あくまで噂ですが、Fトモは真実だと思ってる。

まぁ連休あると、逆に身体がなまってしまうので、夏休みはなくてもいいんですけどね(・ω・)



そんなわけで、「熱中症予防シリーズ」第三弾でも(・ω・)

【前回のあらすじ】
水分は常に体外へ出ています(・ω・)

【バックナンバー】
熱中症予防☆汗をこまめに拭こう
熱中症予防☆不感蒸泄に気をつけて


さて、今回の熱中症予防シリーズは、「塩分」について(・ω・)

よく、「熱中症対策には水分と塩分補給」と言われるようになり、塩分チャージをするための製品も多くなってきましたね(・ω・)

DSC_8089.JPG
↑↑
先週頂きました。

余談ですが、数年前、とある人(あまり好きではない人)が「太るから糖分は超気にするけど、塩分は全く気にしない。だって、『熱中症対策のために塩分❝たくさん❞摂りましょう』って言われているし。」と言っていたことを不意に思い出しました💦


確かに、適度な塩分、というかミネラル補給は大切ですが、Fトモ個人的な考えとして、そこまで塩分チャージアイテムに走らなくても・・・と思います。


理由はいくつかありますが、まず日本人の食塩摂取量の状況(2018年9月11日発表の国民健康・栄養調査の結果。気になる人は、厚生労働省のホムペ見て。)によると、

>>食塩摂取量の平均値は9.9g(男性10.8g、女性9.1g)。この10年間でみると、摂取量は優位に減少されている。

とありますが、これって自然塩か精製塩どっちなんだろうな〜と・・・💧

それはさておき、昨今の健康ブームなどにより、自然と減塩を意識する食生活にシフトしつつあると言われていますが、実はまだ多い。

今は、1日当たりの食塩摂取量の目標(日本の場合)として

健康な成人男性   8.0g未満
健康な成人女性   7.0g未満
高血圧の治療中の方 6.0g未満
腎不全などの方   3.0〜6.0g未満


と言われております。

WHO(世界保健機構)は5.0g未満を掲げていますけど、日本の食文化考えると相当難しいかと(´・ω・)


いずれにせよ、シンプルに伝えたいことは、

普段の食事ですでに塩分結構摂っているよ!と(・ω・)


だから、よほど大汗かく環境下じゃなければ、わざわざ塩分を意識しなくても・・・と感じます。

ちなみに、

>>年齢階級別にみると、男性は20〜30歳代、女性は20歳代でもっとも摂取量が少ない

と書いてありますが、多分朝食欠食とか極端なダイエットなども原因かと。

だから、熱中症予防に水分とか塩分とか気にする前に、まずは1日3食バランス良く(主食・主菜・副菜揃えて)しっかり食べましょうね。
そして、なるべくしっかり寝ましょうね^^;


Fトモみたいなフィットネスやスポーツのインストラクター業の方とか暑熱環境下で長時間仕事する場合とか、目に見えて大汗かきながらスポーツする人は塩アメとか舐めても良いかと思いますが、そうでなければ普段から「塩分!塩分!」言う必要はないハズです。

もちろん、高血圧の治療をされていたり、腎不全や心不全の方もね(・ω・)


  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ

NO BRAND Infinity WEBショップ
気になる方は、ぜひ一度覗いてみて下さいね^^
http://efutomo.nbinfinity.com/

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 18:29| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

食環境って、やっぱり大切!

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます

「シニアになる前から意識しよう!将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です


前の記事で「食事の基本は美味しく楽しく〜」が大切だとお伝えしましたが・・・

子供の頃は、そんなこと思えてなかったような気がします(・ω・)


実はFトモは、幼稚園〜中学生の時、「給食」が一番苦痛の時間でした。

理由はドレッシング類やソース、マヨネーズなどの調味料が苦手で(要は濃い味やくどい味自体が苦手。今もそこまで得意ではない。)、特に幼稚園の頃、「いらない」と言っているのに先生から野菜にドバドバとドレッシングをかけられたり、揚げ物にソースやマヨネーズをあり得ないくらいたくさんかけられた所から始まってます(笑)

んで、結局完食できるわけもなく、残したら「好き嫌いが多い」とものすごく怒られた。

食べること自体は大好きですが(笑)、もともと集団生活が得意ではなく、小学生になるとクラスでそこまで仲の良い友人も多くなく、ウマが合わない同級生が多かったです。

その中で、「なんで特に親しい間柄でもないのに、わざわざ机の配置を変えて、みんなと輪になって食べるのか」と考えるようになり、次第に給食の時間は楽しくもなんともない、ただ提供された食事をロボットのように口に放り込む時間となってました。

その時は低学年でありながら、担任の先生に
「仲良くないコ達と一緒に食べても美味しくないから、一人で食べた方がまだマシ」
と訴えました。

その後どうなったかは、容易に想像できると思うので割愛。
とりあえず、集団生活に重きをおいているわけで、それに同調しない限り生きていけない時代でもあったので、途中から全てを諦めましたw

もちろん、今思うと給食の味自体は決して不味くはなかったです。

時々、苦手な酢の物やポテトサラダみたいにマヨネーズが入っているもの、揚げパンが出ると憂鬱でしたけど、大抵は何とかなりました。

時は流れ、大学で学校給食の大変さを学び、「給食の時間がつまらなかった」と思ってしまったこと自体に関しては、心の中で学校栄養士さんや調理師さんに申し訳ないなぁと思いました。

給食実習や病院での実習で大量調理の苦労も知り、ますますその想いは強くなりました💦

でも・・・

そこで感じたことは、料理の味や栄養バランスよりも、やっぱり食環境は思っていた以上に大切だったんだなってこと(・ω・)


今は気の合う人達と美味しく食事できていますし、もちろん一人で食べたい時は「ぼっち飯」だって何の抵抗もないし、不愉快な環境の中での食事をしていないので、今は食事は楽しくて美味しいと心から言えますよ^^


前回の記事で、食べ物になってくれた命に感謝を込めて気持ち良く食べることが出来ていますし、多少栄養バランスが崩れてしまっても、そのように食べた方が心身への良い影響は大きいと思います。

時々、「食べることの罪悪感から云々」というキャッチフレーズなどを目にしますが、そもそも食事というのは、罪悪感を感じるものではないのです。

「食べること」よりも「食べ方」に罪悪感を感じるのなら、まだわかるけどね(・ω・)


余談ですが、赤ちゃんや小さなお子さんが、あまり食事を摂らない原因として、「テレビを見ながら」とか「何か気が散るものがある」というのが挙げられます。

その時点で、唾液が出にくくなるそうで、消化吸収に影響もでますし、お腹も空きにくい。

また、大人の食事と子供の食事(離乳食や幼児食)を全くの別物と考えてしまい、同じ食卓を囲って一緒に食べていないと、子供にしてみたら「食事はつまらない」と思ってしまうかも・・・

1歳を過ぎた時くらいから、その辺の意識もできると良いですね^^


ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ

NO BRAND Infinity WEBショップ
気になる方は、ぜひ一度覗いてみて下さいね^^
http://efutomo.nbinfinity.com/

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 23:54| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

毎月19日は「食育の日」

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます

「シニアになる前から考えよう!将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です


梅雨入ってから、ケロロン日記が中心になっており、もはや介護予防とか管理栄養士とか健康運動指導士とか関係ないテイストになりつつあったので、本来のテイストに戻そう(・ω・)


毎月19日が「食育の日」って、ご存知ですか(?ω?)
(ちなみに、プラスアルファとして6月は「食育月間」です)

なぜ毎月19日なのかというのは、「19=いく」と連想できること、そして、「食」の「しょ=初=1」「く=9」と連想できるからだそうです(・ω・)



「食育」とは、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり 、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てることです。


・・・と、食育関連のどのサイトや本にも説明されてますw


もっと詳しく知りたくて、お時間ある方は、こちらのサイト(農林水産省のサイト)をご覧になってみて下さい。

「生きる上での基本」と書かれてありますが、まさにその通りで、人間を始めとするすべての動物は何かを食べないと生きていくことはできません。

それも、ただやみくもに好きなものを好きなタイミングで好きなだけ食べて良いものでもなく、なるべく規則正しく、様々な栄養素をバランス良く摂取すること・・・何か一つの栄養素が欠けてしまっても、逆に多すぎても心身の調子が狂ってしまいます。

食べ物が捨てるほど有り余っている時代だからこその食に関する問題も多々あります。

様々なライフスタイルによる弊害も多々あります。

毎年のように、視聴率稼ぎの為に、よくわからない間違った情報や「〇〇さえ食べれば良い」「〇〇は抜かないとダメ」といった極端な情報も多く流れております。

食事の基本は「主食」「主菜」「副菜」を揃えること。

そういった基本が出来ていないのに、極端でラクそうな情報に飛びついても、結局心身のバランスを崩すのに拍車をかけるだけです。

自分や身の回りの方の身を守る意味でも、「食」の知識や選択する力や「健全な食生活」は大いに役立つことでしょう。


食育の取り組みにはいろいろあり、農業体験や工場や市場の見学、日本各地の郷土料理についての勉強会や保護活動など様々ですが、Fトモ個人的に「これは基本であり、絶対にやって欲しい!」と思うことが2つあります。

栄養バランスなども大切ですが、それよりも食べ物になってくれた命や食事を作ってくれた方、食卓に食材が並ぶまでに関わった方達への感謝の意味も込めて、きちんと

「いただきます」「ごちそうさま」

と想うこと。

そして「食事は美味しい、楽しい」


と思う体験を重ねること。

何か特別なことをしなくても良いから、「家族そろって仲良く食べる」とか「気心のしれた友人と楽しく食べる」「一緒に食事の準備をする」といった感じのことで良いのです。

この「食事は美味しい、楽しい」というのは本当に重要で、同じメニューでも楽しい雰囲気と嫌な雰囲気(場の空気を乱す人がいたり、気の合わない人と食べたり、叱責されながら食べる)で随分違ってくるものです。

特に子供の好き嫌いや偏食など、高齢者の低栄養は、そういった要素も大いに絡んでいきます。


栄養バランスはもちろん大切ですが、そういった食環境も意識してみて下さいね^^


ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ

NO BRAND Infinity WEBショップ
気になる方は、ぜひ一度覗いてみて下さいね^^
http://efutomo.nbinfinity.com/

いつも応援ありがとうございます

posted by Fトモ at 23:56| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

ベビーフードって使って良いの?

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「シニアになる前から介護予防!将来介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です^^


前回の更新から、随分と経ちましたけど、疲れているのは否めないものの、とりあえず元気です^^


先週・今週と離乳食関連の仕事もあり、活動内容の大体8割が中高年の方対象なので、時々赤ちゃん&ママさん対象のお仕事は違った刺激があり、楽しいものです^^

ちなみに、マタニティの段階や赤ちゃんの時期からの食事への意識、生活習慣全般の意識一つで、今後の人生に大きな差が出てきます。

だからと言って、赤ちゃんの時から何でもかんでも厳しく節制を・・・というわけでもないですけどね。


最近よく聞く質問の一つとして、

「ベビーフードって食べさせて良いんですか?」

があります。

一言で答えるなら、「食べちゃいけないことはない」といったところでしょうか(・ω・)

ベビーフードに関しては様々な考えがあると思いますし、Fトモも自分の考えを完全に押し付ける気は全くないですが、少しでも何か参考になれば・・・と思い、書いてみます。

●ベビーフードの定義

離乳食=ベビーフードと思われている方が意外と多いそうですが、ベビーフードは離乳食の一部であり、乳児を対象とした加工食品全般のことを指します。

タイプもいろいろあり、ペースト状に仕上がる「ドラムドライ」、粒や素材の形に再現される「フリーズドライ」、レトルトや瓶詰もありますね。

DSC_4204.JPG
↑↑
ちなみにこちらは、先日友人宅で撮らせてもらったもの。

●ベビーフードのデメリット


先にデメリットから書いちゃいますが・・・
離乳期にベビーフードをよく使用した者は、そうでない者に比べて「幼児期の1日の摂取食品数が少なくなる傾向がある」と言われています。

ベビーフードは1食で何種類も食材を使用しておりますが、それに慣れてしまうと食品数をたくさん摂る意識が薄れてしまうとのこと。

また、レトルトタイプは高熱処理殺菌で保存性を高めているので、自然と食材が軟らかくなります。

離乳後期以降(3回食以降)は噛む練習も含まれているので、ベビーフードに頼りすぎると咀嚼の発達の面から遅れが出てしまう可能性もありますね。
(咀嚼がしっかりできないと、肥満などの生活習慣病や要介護状態につながりますよ〜)

●ベビーフードのメリット


と、まぁここまで脅すような内容を書いてしまいましたが、世の中に必要とされているからベビーフードはあるわけでしてw

メリットとしては、

・料理が苦手な方や、保護者の方が早期に職場復帰した場合の力強い味方になる

が一番大きいといった感じです。

離乳食作りって、赤ちゃんの発達に合わせた上で食べやすい状態にするから、非常に細かくしたり、とろみの加減を調整したり、大人以上に衛生面を気にしたり、と結構大変です。

その他にも

・時には教材になる
月齢、発達に合わせた形態(とろみ、具材の大きさなど)の参考になります。

・離乳中期(2回食)以降、毎回作るのが大変な時に便利

・体調不良などで作れない時や疲れてしまった時に便利
作る人が元気でなかったら、それが赤ちゃんにも伝わってしまうものです。
体調が悪い時や疲れてしまった時は、まずは自分の身体を第一に労りましょう。

・外出先や旅行などで。もしくは災害時
ただし、この場合は必ず家で事前に食べられるか練習・確認して下さいね^^

・手作りだと扱いづらい食材でも簡単に摂れる

例えばレバー。
鉄分補給で大切ですが、でろんとしたレバーって臭いも凄くて扱いづらいですし、「見たくもない」「触りたくもない」という人もいるでしょう。(というか、それFトモですがw)
ベビーフードだと、レバー入っている商品が結構あるので、それで試すのはアリだと思います。

●選ぶ時の注意点

当たり前ですが、月齢や発達に合ったものを与えること。
そして、裏面や側面に書かれてある成分表示を必ず確認しましょう。
もし、今まで食べたことのない食材が書かれていたら、その食材が食べられるか確認してからそのベビーフードを与えて下さいね。

●手作りが良いに越したことはないが・・・

手作り=愛情がある、加工品=愛情がない
というわけではないです。

ただ、離乳食の全てをベビーフードに頼りっぱなしというのも、デメリットが発生しやすくなります。

どうしても大変な時や、その時の都合によってはベビーフードを利用して頂くのは十分アリです。

だから、「食べちゃいけないことはない」という事です。


ちなみに、Fトモ個人の考えとしては、離乳食はその時期にしか作ってあげられないものだから、出来るだけ手作りしたいなとは思ってます(・ω・)

  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 16:19| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする