栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)

2019年05月21日

ベビーフードって使って良いの?

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「シニアになる前から介護予防!将来介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です^^


前回の更新から、随分と経ちましたけど、疲れているのは否めないものの、とりあえず元気です^^


先週・今週と離乳食関連の仕事もあり、活動内容の大体8割が中高年の方対象なので、時々赤ちゃん&ママさん対象のお仕事は違った刺激があり、楽しいものです^^

ちなみに、マタニティの段階や赤ちゃんの時期からの食事への意識、生活習慣全般の意識一つで、今後の人生に大きな差が出てきます。

だからと言って、赤ちゃんの時から何でもかんでも厳しく節制を・・・というわけでもないですけどね。


最近よく聞く質問の一つとして、

「ベビーフードって食べさせて良いんですか?」

があります。

一言で答えるなら、「食べちゃいけないことはない」といったところでしょうか(・ω・)

ベビーフードに関しては様々な考えがあると思いますし、Fトモも自分の考えを完全に押し付ける気は全くないですが、少しでも何か参考になれば・・・と思い、書いてみます。

●ベビーフードの定義

離乳食=ベビーフードと思われている方が意外と多いそうですが、ベビーフードは離乳食の一部であり、乳児を対象とした加工食品全般のことを指します。

タイプもいろいろあり、ペースト状に仕上がる「ドラムドライ」、粒や素材の形に再現される「フリーズドライ」、レトルトや瓶詰もありますね。

DSC_4204.JPG
↑↑
ちなみにこちらは、先日友人宅で撮らせてもらったもの。

●ベビーフードのデメリット


先にデメリットから書いちゃいますが・・・
離乳期にベビーフードをよく使用した者は、そうでない者に比べて「幼児期の1日の摂取食品数が少なくなる傾向がある」と言われています。

ベビーフードは1食で何種類も食材を使用しておりますが、それに慣れてしまうと食品数をたくさん摂る意識が薄れてしまうとのこと。

また、レトルトタイプは高熱処理殺菌で保存性を高めているので、自然と食材が軟らかくなります。

離乳後期以降(3回食以降)は噛む練習も含まれているので、ベビーフードに頼りすぎると咀嚼の発達の面から遅れが出てしまう可能性もありますね。
(咀嚼がしっかりできないと、肥満などの生活習慣病や要介護状態につながりますよ〜)

●ベビーフードのメリット


と、まぁここまで脅すような内容を書いてしまいましたが、世の中に必要とされているからベビーフードはあるわけでしてw

メリットとしては、

・料理が苦手な方や、保護者の方が早期に職場復帰した場合の力強い味方になる

が一番大きいといった感じです。

離乳食作りって、赤ちゃんの発達に合わせた上で食べやすい状態にするから、非常に細かくしたり、とろみの加減を調整したり、大人以上に衛生面を気にしたり、と結構大変です。

その他にも

・時には教材になる
月齢、発達に合わせた形態(とろみ、具材の大きさなど)の参考になります。

・離乳中期(2回食)以降、毎回作るのが大変な時に便利

・体調不良などで作れない時や疲れてしまった時に便利
作る人が元気でなかったら、それが赤ちゃんにも伝わってしまうものです。
体調が悪い時や疲れてしまった時は、まずは自分の身体を第一に労りましょう。

・外出先や旅行などで。もしくは災害時
ただし、この場合は必ず家で事前に食べられるか練習・確認して下さいね^^

・手作りだと扱いづらい食材でも簡単に摂れる

例えばレバー。
鉄分補給で大切ですが、でろんとしたレバーって臭いも凄くて扱いづらいですし、「見たくもない」「触りたくもない」という人もいるでしょう。(というか、それFトモですがw)
ベビーフードだと、レバー入っている商品が結構あるので、それで試すのはアリだと思います。

●選ぶ時の注意点

当たり前ですが、月齢や発達に合ったものを与えること。
そして、裏面や側面に書かれてある成分表示を必ず確認しましょう。
もし、今まで食べたことのない食材が書かれていたら、その食材が食べられるか確認してからそのベビーフードを与えて下さいね。

●手作りが良いに越したことはないが・・・

手作り=愛情がある、加工品=愛情がない
というわけではないです。

ただ、離乳食の全てをベビーフードに頼りっぱなしというのも、デメリットが発生しやすくなります。

どうしても大変な時や、その時の都合によってはベビーフードを利用して頂くのは十分アリです。

だから、「食べちゃいけないことはない」という事です。


ちなみに、Fトモ個人の考えとしては、離乳食はその時期にしか作ってあげられないものだから、出来るだけ手作りしたいなとは思ってます(・ω・)

  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 16:19| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

授乳・離乳の支援ガイドに変更点が出ました

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^

何度も言ってますが・・・
国民の皆さんが気になっていた元号・・・

「令和」が5月から施行されますね。

今年度はいろんな意味で変化の年になることは間違いないでしょう(・ω・)
※ただ、生活必需品の一部値上げとかはちょっとやめて欲しい・・・

ところで、変わったことと言えば、
授乳・離乳の支援ガイド



詳しくは、コチラの記事(一般社団法人 母子栄養協会さんの記事です。)を見て頂ければ・・・という感じです(・ω・)


めちゃくちゃ大きな変更点がたくさんある!!というわけではないですが、やっぱり「1回食」「2回食」よりも「離乳初期」「離乳中期」の方が個人的にはわかりやすいなぁと感じたり、固さの目安であった「ポタージュ状」「豆腐の固さ」などの表記がなくなったのは若干のショックを受けたり(・ω・)

捉え方は人それぞれですけどね。


あとは、先月管理栄養士仲間と会食(という名のザギンでの焼肉パーティーw)した際、

「1回食(離乳初期)から卵(卵黄)が入るかもしれないらしいよ💦今まで2回食(離乳中期)くらいからだったのに。アレルギー絶対起きるよね💦」

との話で盛り上がり、皆さん一様に驚いていたのですが、正直Fトモは驚くこともなく、むしろ「やっぱりね(・ω・)」って感じでした。


1年くらい前、新橋でアレルギーのセミナー受けた時、「アレルギー予防の観点から、生後半年くらいから卵は食べさせるべき」的な事を聞きましたので、その時点で

「あぁ、多分授乳・離乳支援ガイド改変の時に、(離乳)初期から卵黄入るな(・ω・)」って思いましたし、その数日後にニュースでも取りあげていたし。

でも、その後その話を保健センターの仲間に言っても、誰一人として「ありえない」と言い、その話はうやむやになりましたけど。


どんなことでも、日々変化はつきものです。

何でも決めつけるのではなく、変化に柔軟に対応できるか否か。

特にこれからの時代は、そういったスキルの差が、個々の能力の差になっていくかと思います。



さて、そんなこんなで、明日は久しぶりの保健センターでの離乳食教室のお仕事の日です。

約一か月ぶりかなwww

DSC_7378.JPG

仕事で調理が入るので、しばらくカラフルなネイルはオアズケ(´・ω・)
爪も超短く切りました(当たり前w)

あ!!

一応確認ですが、初期から卵黄が入ってますが、卵黄に限らずどんな食品でも、赤ちゃんに初めて与える食品は

・一度加熱をする→人肌に冷ます
・一さじから与える
・急かさない


が大原則ですので(・ω・)


しかし、保健センターでの離乳食のお仕事をしていなかったら、将来子供を産んでいざ離乳食を与える際、多分いろいろ困ってる未来が待っていただろうねw

自分自身の予習にもなっているので、大変助かってますw

  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ


フリーランス ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 21:50| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

花粉症の症状を和らげる可能性のある食品や栄養素

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^


※予約投稿です。
多分、この記事が投稿されている時間帯はFトモ非常に疲れ切ってると思います(´・ω・)

昨日、花粉症メカニズムについてアップしましたけど、今日は栄養のハナシ(・∀・)

ただし、花粉症は食事だけで治るものではないので、あくまで可能性であることをご留意下さいm(_ _)m

〜前回のあらすじ〜
花粉症は行き過ぎた免疫反応だった。
【花粉症メカニズム】



今回は花粉症と食生活についてちょろっと書きたい再うp&一部改変しようと思います。

■スギやヒノキの植林だけが原因ではない??

前回の記事でも書きましたが、戦後の復興の為や、木材需要増の為、スギやヒノキが植林され、成長した彼らが一気にテロのごとく花粉をまき散らし、花粉症が激増しました。

それまでは・・・少なくとも1960年代(昭和40年代周辺)までは花粉症は確認されていなかったそうです。

実はちょうどこの時期あたりから、日本人の食生活も変わり始めました。
食生活の変化と花粉症の増加は結構指摘されているのです。

日本人の風土・体質にあう和食から、食の欧米化が進み、今まであまり摂取してこなかった肉類を多く摂るようになり、高カロリー・高タンパク・高脂質(飽和脂肪酸の摂取量増加)となりました。

花粉症のアレルゲンは花粉なので、何かの食べ物がきっかけで発症するものではありませんが、食生活や生活リズムが乱れ、結果免疫機能に影響を与えているかもしれないとしたら・・・?

何度も書いていますが、花粉症は過剰な免疫反応です。

そして、ヒトの免疫細胞の約6割は腸に集結しているといわれています。

もともと、遺伝子レベルで合っていた食生活などが変わったことによって、腸内環境が変わって免疫機能に影響が出ているのではないか?



■腸内環境を改善するには??

まず、腸内環境というと、一般的には悪玉菌が少なく、善玉菌が多いと良い!!ということになりますが、じゃあどうすればそうなるのか。

※ちなみに腸内環境と一言で表しても、結構いろいろ知られていないこともあります。

■おすすめの栄養成分と食材

要するに、腸内環境を良くして、アレルギー症状を緩和する流れにすれば多少は花粉症の症状も和らぐと思いますので・・・

●食物繊維
多く含まれる食材・・・野菜、きのこ類、豆類、海藻類、果物
食の欧米化が進むと、これらの食材は口にしにくくなるのではないでしょうか??
(特に海藻とか豆とかは)

食物繊維は、善玉菌の大好物!!また、便秘の予防や余計な栄養素の吸収を緩やかにする効果が期待できます。

●発酵食品
でも、この発酵食品も善玉菌の大好物!!食物繊維同様、腸内環境を良くすると言われています。

該当する食材・・・納豆、キムチ、ヨーグルトなど

ちなみに、特定の乳酸菌がたっぷり含まれている某飲むヨーグルトが「花粉症に効く」的な謳い文句で販売されていますが、腸内フローラは個人差があり、とある乳酸菌がAさんとは相性良かったけど、Bさんとはそんなでもない・・・ということがあります。

だから、キャッチフレーズを鵜呑みにしすぎてはダメです。

腸内フローラによっては、効果がない場合もあります。


●ムチン
多く含まれる食材・・・オクラ、納豆、なめこ(ネバネバした食品)

一昔前、健康ブームの一つとしてネバネバ食品が流行りましたが、間違いではない。
ネバネバ成分のムチンは、粘膜を保護する作用があるので、症状緩和には良いのではないかと思います。

個人的に、納豆とオクラととろろ芋を混ぜ混ぜして、海苔とイクラを添えるレシピが好き♡

あとは、定番のネバネバ丼もいいよね(・∀・)

ご飯は白米ではなく、押し麦入りか、雑穀などにして頂くと、食物繊維量アップ!
冷めたご飯であれば、納豆菌を殺すこともなく、レンジスタンススターチが増えて、腸内細菌に良い影響を与えやすくなるでしょう。

●抗酸化物質
多く含まれる食材・・・緑黄色野菜、果物、サケやイクラ、エビなど

例えば、ビタミンACE(エース)やフィトケミカル、アスタキサンチンなど、耳にされたことがある方多いのでは(?ω?)

これらの成分は細胞のサビ付き(酸化)を防ぎ、アンチエイジング作用が期待できますが、細胞が酸化すると免疫力が低下すると言われています。
花粉症云々も大切ですが、いつまでも元気に若々しくいるためにも、積極的に摂りましょう(・∀・)


●ω3脂肪酸
多く含まれる食材・・・青魚、アマニ油、エゴマ油、くるみ(ナッツ類でダントツ)

EPAやDHA、α―リノレン酸も、話題になっているかと思いますが、これらの脂肪酸はアレルギーの症状を緩和したり、生活習慣病の予防にも効果的と言われています。

質の良い油ですが、油であることに変わりはないので、当然摂りすぎれば脂質過多になりますので気を付けましょう。

ちなみにω3脂肪酸は必須脂肪酸(体内で合成できない脂肪酸)なので、食事に頼らざるを得ませんが、青魚食べてますか(?ω?)

かくいうFトモは、魚があまり得意ではない(味や食感よりも、単純にキレイに食べられない)ので、偉そうなこと言えませんね^^;


■まとめ
誰でも書いてあるようなことを、図々しく書かせて頂きましたが・・・

基本花粉症って食事だけで予防できたり治ったりするものではないと思います。

ただ、食事内容に気を付けるだけでも、症状を緩和したり、ある程度の予防は可能だと思います。

また、最近だと小さなお子さんでも花粉症と聞きますが、過剰な清潔保持によって、免疫が下がってしまうこともあります。

何でも殺菌・除菌・・・

汚いよりはいいけど、多少は菌に触れて免疫アップさせることも大切ですよ〜


 

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 21:00| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

イチゴ様の季節

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^

今日から2月!!

今年に入ってから、公私共に充実した日々を送らせて頂いてますが、本当に時が流れるのは早いので、一日一日をしっかり過ごしていきたいと思います。



先日、デニーズで期間限定(いつからいつまでかは知らんw)のイチゴのパフェを頂きました

DSC_6778.JPG

下にあるスプーンで、パフェ自体の大きさは想像できると思いますが、それなりに大きいですよ(・∀・)


DSC_6775.JPG


フレッシュなとちおとめを11個使用しており、1,399円(税込1,510円)と決して安くはないですが、それなりに食べ応えがあります。

ですが、管理栄養士でありながら大食漢なFトモ、「え〜♡こんなにたくさん食べられないかも〜♡」とほざいたくせに、終始笑顔でペロッと頂きましたwww

「こんなんで栄養指導していてすみません」と思いますが、要はカロリーとか云々よりも日々のバランスが大切なわけで、普段がきちんとしていれば、たまにはこんな日があっても良いのです。
※ちなみにこの日、昼食に八柱の道頓堀というお好み焼き屋さんでお好み焼きを2枚くらいとミニサイズのパフェを食べて、その後にこのパフェでしたwwwww

やっぱり食事は楽しまないとね(^ω^)


さて、パフェの主役であったイチゴですが、春を代表する果物で(というか、本当は野菜に分類されるそうですが、ここでは果物としておく)様々な品種があって、面白いですよねw

そして、栄養価が高いのも魅力

かなり素敵な栄養成分がギッチリ詰まっておりますよ^^

ビタミンC
100g中(大体6〜7粒くらい)62mg。
ビタミンCはご存知コラーゲンの生成を助けるので美肌にGOOD✨
ストレス環境下においても必要な栄養成分で、風邪の季節にも重要ですね。

フラボノイドなど
ポリフェノールの一種ですが、アンチエイジングや抗酸化に一役買います。
まぁ今回のパフェの場合は、生クリームなどもたっぷりなので、アンチエイジングもくそもないですけどねwww

葉酸
妊婦さんを中心に、絶対必要な成分で、造血に欠かせません。
貧血には「鉄!」と思いがちですが、その他にも葉酸、銅、ビタミンB12などが必要です。
また、たんぱく質の合成にも関与する栄養成分なので、筋肉やお肌の新陳代謝にとって非常に重要です。

食物繊維
100g中1.4g(不溶性0.5g、水溶性0.9g)含まれており、ペクチンという線維が豊富で、腸内環境の改善に一役買います。
腸内環境の改善は便秘の改善のみならず、免疫力や自律神経の改善などにも繋がります。


もちろん、どんな食材にもメリットとデメリットがあるため、「これさえ食べれば良い」という奇跡の食材はありませんので、イチゴばかり食べないように💦

また、果物に豊富に含まれる果糖は特に夜に食べると中性脂肪になりやすい(しかし、Fトモは気にせず食べてますが、中性脂肪が基準以下・・・)という特徴もありますので、量やタイミングなどに気を付けましょうね💦


でも、これからしばらくはイチゴは旬ですので、しばらくイチゴを楽しめますね

もうすぐ立春になり、春に近づくにつれて、旬の食材がどんどん出て行きますが、その季節ごとに美味しい食材を美味しく楽しく食べられることが一番だと思います。

いつまでも美味しく楽しく食べられるように、やっぱり日々の体調管理や健康維持・増進って大切ですね〜


  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ


グルメ ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます

P.S.
今日、美容院に行って、髪染めましたw
Before(茶金)
DSC_6706.JPG
↓↓
After(アッシュグレーのはず・・・)
DSC_6794.JPG

どうあがいても、色落ちして最終的に茶金っぽくなるけど、ちょっとは落ちついて見えるかしら(・∀・)
posted by Fトモ at 23:04| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

CLR BAR(クリアバー)

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

将来、「介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^

昨日、FBでも紹介して、尚且つブログに書こうとして睡魔に負けたのですがw

月刊NEXT(フィットネスの情報雑誌)の読者プレゼント当選しました!!

DSC_6483.JPG
(きちんと、「当選しました」の文字が!!!!)


実はNEXTの読者プレゼント、結構当たってます。
今回は4回目かな??

今まで、初心者向けヨガのDVDとかママ&パパ専用のフィットネスDVDとか当たってましたw

DSC_6488.JPG

当選人数はせいぜい2〜5名ですが、応募しないと当たるチャンスはないですよwwwww


今回当選した品は、「CLR BAR(クリアバー)」という、シンプルな自然素材だけで作られたニュートリションバー。

IMG_20181211_183126.jpg

普通は原材料が裏面に小さく書かれているのに、CLR BARは堂々と表面にも書かれてあります。

この手の類のバーは、大抵Fトモの大嫌いな人工甘味料(スク●ロースとかね)が入っている為、絶対買わないのですが、このバーは原材料見る限りでは入っていませんね(・ω・)

IMG_20181211_183139.jpg

しかも、小麦や大豆、シリアルをベースにしているものが多い中、このCLR BARはドライフルーツとナッツをベースにしており、すべて植物性の原材料から作られているのも魅力ですね(・∀・)


バー1本でたんぱく質8.0g前後なので、おやつに丁度良いと思います^^

ただし、脂質も炭水化物も当然含まれており、大体1本180kcal前後なので、おやつとして食べても1本までですね(・ω・)



さて、巷にはキャッチコピーだけはやたらと魅力的で、いざ原材料見ると最悪な商品も多々出回っておりますね。

商品名こそ出しませんが、いかにもダイエットや美容に良さそうなキャッチコピーだけど、あまりよろしくない添加物が入っていたり、ぶどう糖果糖液糖が多く含まれていたりetc...

もうご存知の方は多いと思いますけど、基本的に食品の裏側に原材料名が書かれていて、

@多く含まれているものから順番に書かれている
A食品→添加物の順番で書かれている



くらいは知って頂いた方が良いかと思います。

じゃあどの添加物がヤバイのか・・・は、さすがにブログで書きませんし、文字に残すつもりはないですけど、まぁ直接会える方には聞かれたらお伝えしますね^^;

何でかというと、以前脳活サロンで同じ話をして(「脳活栄養講座 2018」参照)、その話を聞いて下さった方はきちんと受講料を払って下さったから。

誰でも見れるブログで、同じ内容書いたら、その方たちに失礼でしょ。



とりあえず、そんなことはさておき、当選したCLR BARはまだ一口も食べてません^^;

食べてみて、気が向いたらまたレビューするかもしれませんw


ちなみに、CLR BARのホームページはコチラです。

最近何かと忙しないですが、ちょっと落ち着いたらFトモもじっくり見てみようと思います(`・ω・)

  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ


フィットネス(全般) ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 23:37| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする