栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)

2019年06月10日

名称だけでイメージすると痛い目にあう

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます

「シニアになる前から介護予防!将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です


6月4日から6月10日は「歯と口の健康週間」でしたが、きちんと歯磨きとか口腔体操とかされてましたでしょうか?w

まぁ健康週間が終わっても続けるべきですけどw

歯科医師でも歯科衛生士でもないので、正しい歯磨きの仕方などは当ブログでは割愛させて頂きますね(・ω・)

口腔体操といえば、「パタカラ」とか「あいうべ」がありますが、「唾液腺マッサージ」も結構大切です

「唾液=つば」だから、何となく汚いイメージがあるかもしれませんが、唾液がしっかり出ることによって口の中が潤うだけでなく、口の中の細菌の増殖抑制、口臭予防、スムーズな食事など嬉しい効果が盛りだくさん!!

唾液って加齢と共に分泌が少なくなるから、シニアの方の中には「口の渇きが気になっている」という方、結構いらっしゃいます。

そんな方には唾液腺マッサージを薦めております。

介護予防教室でも、定期的に運動指導員や歯科衛生士が実施しておりますけど、大きな唾液腺が3つあります。

耳下腺(じかせん)
顎下腺(がっかせん)
舌下腺(ぜっかせん)



実は、意外に間違えやすいのが耳下腺の場所。

「耳の下」と書くので耳たぶの下と勘違いしてそこをマッサージするように伝える人が結構いますけど、正しくは耳たぶのやや前方で上の奥歯のあるあたりです。


まぁFトモも初めて「耳下腺」って聞いた時は、耳たぶの下と思い込んでいましたけど^^;

だけど、当時は会社のほとんどの人間(社員、アルバイト問わず)を信用していなかった時期だったので、ある人物が介護予防教室中にそう言っていた後に「本当に耳たぶの下なのかな??」と疑問を持ち、念のため調べたら間違いだったことに気付きました。


何度も書くけど、「耳の下」って書くからね💦

勘違いしやすいと思います💦

だけど、そんな風に勘違いしやすいものほど、イメージだけで理解してしまうものです💦


似たような経験で、「足底筋」も挙げられますね(・ω・)

「足の底」と書くので、「足裏全体の筋肉」と勘違いされやすいそうですが、足底筋は起始は大腿骨、停止は踵骨の細長い筋肉です。

腓腹筋とヒラメ筋に挟まれて存在しています。
(ちなみに、退化傾向にあると言われているそうな)

まぁ別に解剖学の専門家ではないから、めちゃくちゃ詳しいことはわかりません。
ただ、会社員時代、たまたま筋肉の本を読み漁っていた時期があったから、これに関しては勘違いする以前の問題でした。

驚いたきっかけは、先輩社員がリラクゼーション系のレッスン時に思いっきり
「足の裏の筋肉は足底筋です。ここをマッサージすると云々・・・」と言い出したこと。

終わった後に、

「あの〜・・・足底筋の場所って、私の中では腓腹筋とヒラメ筋に挟まれているという感じで覚えていたのですが・・・」

と切り出したら、

「バカだねwww足の底って書いてあるじゃんwwwそれに藤田は体育大卒業じゃないでしょ?体育大卒業していないのに何がわかるのwww」

という展開に((((;゚Д゚)))アゼン

一昔前の体育会系色が妙に強い場所だったからね。
先輩の言う事は何でも正しい。先輩が「地球はまっ平」と言ったら「そうです。まっ平です。」というノリ。

だから、後日足底筋のページのコピーを無言で控室に置いておきましたw


まぁ今とはなっては、それも良い思い出(・ω・)

その他、「骨形成」と「骨吸収」も結構こんがらがると思うけど、これ以上書くと面倒なので省略w


何が言いたいのかというと、どんな分野でも「名称だけでイメージしないでね」ということ。

特に他人に指導する立場の方は気を付けるべきだと思います。

お客様の方がはるかに詳しい場合もあるしね。
(特に介護予防教室とかだと、元医者とか元栄養士とかザラにいます。)

でもしっかり勉強したり調べたりしても、つい間違えてしまうことは人間だから有り得るので、もし間違いに気付いたら

「この間、●●とお伝えしましたけど、正しくは△△でした。勉強不足ですみませんでした」

って素直に謝れば、バカにする人なんていないし、むしろ誠意を感じる。



とにかく、まだまだ知らないことも多いし、他にも勘違いして覚えてしまっているものもあるかもしれません💦

Fトモも気を付けよう💦

P.S.
今回の記事、写真がないのがつまらないので、とりあえず脈絡もなく先週購入した「カエル男」でも。
DSC_7646.JPG

  


ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ


管理栄養士 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます


posted by Fトモ at 23:54| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

令和

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「将来、介護を必要としない!」をコンセプトの活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です^^


ゴールデンウィークも折り返しが過ぎましたけど、いかがお過ごしでしょうか(・ω・)

Fトモの14連勤も終わりが見えてきておりますw

まぁ好きでやっている仕事なので、ココロの負担はありませんが、流石に肉体は正直でしてwww

疲れてますwww


ところで、昨日からついに元号が変わり、新たな時代がスタートしましたね(・∀・)

どんな時代になるか・・・おそらく個人にしても会社にしてもスピードと変化に対する対応力や柔軟性がモノを言うとは思いますが、世界的に見て本当に平和な時代になって欲しいところではあります。

令和記念として、こんなの発見してしまいましたw

54230416_663214120780502_1587593383447386555_n.jpg

54225811_141376353576168_5807016465374899075_n.jpg

※両方とも、画像は検索で発見したものです。

今度の日曜日のサークルレッスンの後のケロロン狩りの時にでも探してみようかな(・∀・)


っていうか、本当は書きたいことが山ほどあるのですが、今本気で多忙なので、ちょっとずつ書かせて下さい(´・ω・)💦

  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

生活・文化ランキング

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 23:30| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

フリーランス4年目突入

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^


新元号、ついに発表されましたね〜(・ω・)

20190401-00120557-roupeiro-000-3-view.jpg
※画像、お借りしました。

遅かれ早かれ、きちんと発表されるものなんだから、何も朝からずっとそのニュースや、「発表前にスクープしようと思わなくてもいいのではないか」とテレビに突っ込みつつ、本日を迎えました。

今日からFトモのフリーランス生活4年目に突入しました(・∀・)


3年目である昨年度は、結構いろいろ無茶をしていたので、4年目の今年度はそこそこに・・・と思ってましたけど、どうやらそうもいかないですねwww

でも真面目なハナシ、今請け負っているお仕事が結構多いのでこれ以上増やす気はなかったのですが、いろいろなご縁があり、以前トレーナーとして勤めていた場所(しかも大好きだったところ)に再び戻ることも出来ました

隔週の土日(しかも土曜日は、昼過ぎに老人ホームの体操指導をしてからの移動なので、まぁラッキーですなw)のトレーナーの仕事をゲットしましたw

日曜(第二・第四)は午後だけトレーナーなので、午前中は作業や勉強、もしくは何か仕事しようかなと考え中www
東松戸か矢切、秋山、もしくは京成線沿線上で第二・第四日曜の午前中に、老人ホームやサ高住での体操指導を考えてらっしゃる施設様や、運動サークル作りたい方はお気軽にどうぞ✨ただし、@ボランティアではないことと、A午後からの仕事に必ず間に合うという条件で!!


しかし、おかげさまでお仕事には恵まれている状況が続いております。

これも、皆様からの応援と支えがあったからこそ・・・だと感じてます。

本当にありがとうございます!!

3年目の昨年度は、何となく興味を持って幼児体育指導(未経験だったのでアシスタントとして)もやってましたけど、手放しました。

お子さんの体育指導、これからどんどん便利になり、それに伴い身体活動量が減ってしまうこれからの世の中の事を考えると非常に大切なのは重々承知していますが、性に合わない('A`)

集団の体操指導に関しては、中高年以降の方がFトモ的には好きですので、引き続き健康運動指導士としては
・アクティブシニア対象の介護予防教室
・老人ホームでの体操指導
・公共体育館でのトレーナーやエアロビクス
はしっかり続けていこうと思ってます(・∀・)

管理栄養士としては、介護予防センターや保健センターの管理栄養士を引き続き、時々セミナー講師や執筆もしつつ・・・といった感じで行きたいと思います。

それプラス、先日日本臨床栄養協会で「NR・サプリメントアドバイザーのサポーター」なるものの募集があったので、多分時々やるかも〜(?ω?)

あとは、昨年離乳食アドバイザー資格も取得したので、それに伴うこともやりたい(・ω・)


しかし、「いつ休みなの??」と聞かれることがあるのですが、

仕事が入らなかった日が休みです。

つまり、不定休なわけでしてwww



でも、さすがに身体がちょっとしんどい日もあるということと、結構スケジュールが詰め詰め状態で、実は何件か新しいお仕事の打診を頂いたのですが、在宅でもできるもの以外は、泣く泣くお断りさせて頂く案件もある状況です(泣)

基本的に、どんなに好条件なお仕事でも、先に決まった方を優先させる主義なので、ご理解いただけると幸いです・・・
※特に、行政が絡むものは、1年分のスケジュールが割と早い段階で一気に決まるので、Fトモは行政のお仕事を第一優先にしております。


まぁとにかく、4年目も公私共に充実した日々を送れるよう、そして一人でも多くの方の介護予防に貢献できるよう頑張ります(`・ω・´)✨


P.S.
髪型変えました☆
Before
BeautyPlus_20190401204422273_save.jpg
↓↓
After
BeautyPlus_20190401204540648_save.jpg

実は髪伸ばそうと思ったのですが、面倒になったので、ちょっと短くしましたw
そして、髪色はさすがに明るすぎるだろうと思い、暗めにしましたが・・・
F髪のことだから、どんな色にしても結局黄色っぽくなる運命なので、つかの間の暗めを楽しみたいと思いますw

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フリーランス ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 21:54| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

年度末も作業で慌ただしいかも

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^


あっという間に3月も下旬に差し掛かり、年度末💦

今年度の行政の介護予防教室も最終日を迎えつつあります。

そんな中、2年連続で担当させて頂いた某教室は来週が今年度の最終日ですので、70名分の名札1枚ずつ手書きでイラストとメッセージを残す作業が今日から始まりましたw

DSC_7240.JPG

字が汚いから、せめてイラストは命を懸けて!!

DSC_7242.JPG

完全に自分がやりたいからやっているコトであり、教室担当者は絶対やらなくてはならないわけではないのですが、「ありがとう!」の気持ちを込めて(^ω^)



まぁ、ぶっちゃけヒマではないし、むしろ他のお仕事の作業とか、新たな業務委託契約先への書類集めとか、次年度の計画を立てるとか、やることがたくさんありすぎるので、完全に自分の首絞めている行為でもあるのですが^^;


ちょうど今日、市川のダイエーでめっちゃ安いお花を久しぶりに買い、
DSC_7239.JPG


部屋に生花があるだけでも、何となくココロがほっこりするので、それを見ながらココロにゆとりをもった状態で取り組みたいと思います(・∀・)

DSC_7243.JPG

というか、去年もケロロン書いたので、「またカエル🐸・・・」と思われるかもw

・・・というわけで。

3月末くらいまで、もしかしたらお問い合わせのレスポンスが遅れてしまう日もあるかもしれませんが、どんなに遅くても3日以内に返信できればと思いますので、ご理解下さいませm(_ _)m


ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フリーランス ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 23:57| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

命日と介護予防へのきっかけ

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です(・∀・)

こんな深夜にすみません。
世間は3連休でしたね。


Fトモにしてみたら、世間的な休日とか関係ないので正直どうでも良いのですが(むしろ平日働いている人が多い中、休む方が好き。昼間の外出は空いているし、謎の優越感に浸れるからw)、今回の3連休は日本列島全体が寒く、雪も降って、何だか大変でしたね(・ω・)

DSC_6860.JPG

DSC_6864.JPG

お犬様の足跡ってカワイイ

DSC_6869.JPG


さて、ここからはちょっと重苦しい話題になると思うので、苦手な方はスルーして頂いて構いませんが、3連休初日の2月9日は、Fトモの愛犬の命日です。

もう7年経つのか・・・

今まで、というかここ数年書かなかったのは、やはり思い出すのがつらかったから。

あえて無理矢理忙しくして、忘れずに・・・でも思い出さないようにしていた・・・というのが本音かもしれない。

12歳の時から飼い始め、当時は「犬は12〜13年しか生きられない」と聞いていたものの、12歳のFトモはその「命の期間」そのものがピンとこなかった。

だって、その当時で12歳だから、「12年って長いな〜。ずっと一緒にいられる。」と本気で思ってた。


時は過ぎ、愛犬が13歳を過ぎた頃(Fトモ25歳)だったかな。

特に大きな病気もケガもなく、臆病だけどめっちゃ利口だったのに、なんとなく体調が悪そうで、病院に連れて行ってしばらくしたら


・突然けいれん発作(癲癇だった)を起こす
・室内で粗相をする
・昼夜逆転になって、夜中に一本調子な鳴き声でずっと鳴き続ける
・前進だけして方向転換や後進が出来ず、部屋の隅でずっと固まっている
・常にボヤ〜っとした表情
・今まで出来ていたことがだんだんできなくなってきた
・家族を認識していない

などなど、一気に老化が進んで、あっという間に認知症になった。

今までずっと元気でいたから、こちらとしても特に予防とか対策とか全くしていなかったのですが、どうやら柴犬は認知症になりやすい犬種だそうで、7歳くらいから対策した方が良いらしいです。

当時、社会人一社目の契約社員としてプール監視員やトレーナーをしつつ健康運動指導士を取得し、安い給料(良くて月14万円)と長時間労働(月200時間程度だから、今思うと長時間でもなかったけど)にブツブツ文句を言いつつ、すぐにそこで正社員になって管理栄養士もその社内で活かせるように、そして人々の健康維持・増進、生活習慣病予防にも目を向けた事業を社内に提案して実行したい・・・と密かに思っておりました。

でも、愛犬の認知症や介護を目の当たりにして、認知症などの「要介護状態を予防する」という発想が全くなかった自分に気付きました。

介護予防の考え自体はもっと前からあったはずなのに、「なんで今まで気付かなかったのだろう」と感じました。

そして、子供の頃からいつも一緒にいたはずなのに、「なんで小さな変化にも気付かなったのだろう・・・」と自分を責めた。


高齢による食欲低下、多分認知症による「食べ方を忘れる」もあったかもしれませんが、13kgだった体重はあっという間に約半分の7kgになって、ガリガリにやせ細った。

体重10kgにも満たない犬の介護でさえ、かなり大変だったのは今でもはっきり覚えている。

同時に、当時はとにかく正社員志向が強く、「どんなに汚い手を使ってでも絶対正社員になる!」と意気込んていた時期でもあり、それでも愛犬のことは絶対無視できるわけなかったので、可能な限り介護もして、仕事もとにかく無理してた。

常にイライラしていて、でも帰ったら「息していなかったどうしよう?」という不安も抱え、親からは「いつ正社員になれるんだ?」のプレッシャーも常にかけられ、正直生きた心地はなかった。

そうこうしているうちに、愛犬の老化はどんどん進んで行き、白内障も出てきて、ほとんど見えてなかったと思う。
自力で食事も飲水もできず、抱きかかえて専用のスポイトで口に入れて、最終的には歩けなくなった。

介護は1年で終わった。


7年前の2月9日の夜、21時半に仕事が終わって、いつもならちょっと寄り道するところを、何となく胸騒ぎがして確認してみたら「ずっと苦しそう」と言われ、猛スピードで自転車すっ飛ばして帰宅し、その数十分後に息を引き取った。

その次の日は、運よくFトモは仕事が休みで滞りなく葬儀ができた。
立場的に「勤務希望が出しにくい私に気を使ってくれたのかな」って思った。


その時、死んでしまった悲しさやむなしさはあったけど、同時に「介護が終わったことによる安堵感」もかすかにあった。

介護の終わりは「死」を意味し、その「死」を悲しみつつも❝安堵する❞という、どこか矛盾めいたことを感じてしまった自分がいた。


・・・あれ?これ、なにかおかしくない?


そして、それから介護予防について調べていく内に、老老介護問題、虐待、介護疲れによる殺人、介護離職などの世の中の出来事も知り、高齢社会において介護は避けられない問題ではあるものの、

「もっと予防に力を入れることはできないか」

と強く感じるようになりました。

予防は完璧ではありません。
予防したところで、おそらく要介護になる人がいる反面、何もしなくてもピンピンコロリな人もいる。

だけど、一度介護状態になってしまったら、日本においては約10年は介護を必要とし、介護をする側もされる側も大なり小なり負担があります。

決して介護自体が悪いと言ってるわけではありません。

ただ、自ら希望して、もしくは自分の親に介護状態になって欲しいと思う人はおそらくいないと思ってます。

誰しも多少健康を害したとしても、最低限の身の回りの事は自分自身の意志の元でやり続けたいと思っている人が多いと思います。

何より、体重10kgにも満たない、期間も1年の犬の介護でさえ大変なんだから、人間の場合は想像以上に大変だ。

それが、Fトモが介護予防に力を入れようと決心したきっかけです。

誰に何と言われようと、極論世界中の人間全てを敵にまわしたとしても、これだけは譲れない気持ちです。


DSC_6870.JPG
↑↑
愛犬が眠っている場所。
柴犬の置物が大分色褪せました。おまけに雪積もらせてしまって申し訳ない・・・

置物は色褪せているけど、気持ちや思い出は色褪せてません。


ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

福祉・介護ランキング


フリーランス ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 01:36| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする