栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)

2017年05月25日

脳活師養成 プレ講座開催!!

こんにちは(・∀・)

将来、介護・看護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士&管理栄養士のFトモ(藤田朋子)です(・∀・)


今回はFトモの活動の1つであり、昨年からお世話になっているNPO法人生き活き元気塾からのお知らせについて投稿させて頂きます!!

以下、代表・本多より・・・

°˖✧✧˖°°˖✧◝✧˖°°˖✧✧˖°°˖✧✧˖°°˖✧✧˖°°˖✧✧˖°°˖✧✧˖°°˖✧◝✧˖°
【脳活師養成プレ講座 開催】
NPO法人生き活き元気塾では、今後の活動を支えてくださる主要メンバーが必要になるために、来月から一緒に脳活コミュニティを作って頂けるプロの人材を育成していきます。
平成29年6月より実施します。

費用は、一定期間無料で実施。
私が約30年間多くの時間と費用を使って学んで培ってきた指導法を無料で伝授いたします。


条件は生き活き元気塾のビジョン、ミッションにご賛同頂きまして、共に認知症予防、健康寿命を伸ばす活動やコミュニティづくりを一緒にやっていただける方です。
詳しくは以下
・指導経験があることに越したことはありませんが絶対ではなくてもかまいません。
・人が好きでコミュニケーションが積極的に取れてる方
・喫煙がない方
・体力が普通にある方
・情熱をもって一緒に超高齢化社会について問題意識を持ち、考え、行動ができる方
・思考行動が建設的な方(どうしたら出来るかを優先的に考えられる方)
・参加時間を優先的に作れる方


でしたら、老若男女受け入れさせていただきます。
最初は少人数制で行います。
定員5名。

ご興味やご参加のご希望がございましたら、下記までご連絡ください。
お待ちしております。
詳しくはお話しさせていただきます。

NPO法人生き活き元気塾
代表理事 本多慶吉


連絡先
NPO法人生き活き元気塾
TEL/FAX:0336312912
携帯:09046120697
mail:honda@ikiikigenki.com
°˖✧✧˖°°˖✧◝✧˖°°˖✧✧˖°°˖✧✧˖°°˖✧✧˖°°˖✧✧˖°°˖✧✧˖°°˖✧◝✧˖°

代表・本多は認知症などの介護予防、超高齢社会に伴う社会問題に、Fトモ以上に本気で取り組んでおります。

今まで介護予防系の運動指導をしたことがない方でも大丈夫!
また、これを機に介護予防系の活動もされてみたい方、認知症について勉強したい方、地域のコミュニティの作り方にご興味とご協力の意志のある方にもオススメだと個人的には思います。

本多から直接指導法を、しかも無料で伝授してもらえる機会は今後はそんなにないかと思います。

ちなみに、本物のFトモと会える機会もあります←
あ、これは余計でしたね💦すいません💦


少しでもご興味のある方、まずは元気塾までご連絡を!!

NPO法人生き活き元気塾
TEL/FAX:0336312912
携帯:09046120697
mail:honda@ikiikigenki.com

お待ちしております^^

DSC_2844.JPG


  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

健康と医療 ブログランキングへ


フィットネス(全般) ブログランキングへ
posted by Fトモ at 17:28| Comment(0) | 介護予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

久しぶりにセラバンド使用の体操指導を行いました

こんばんは(・∀・)

将来、介護・看護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士&管理栄養士のFトモ(藤田朋子)です(・ω・)

DSC_3273.JPG
※健康運動指導士として活動する日の私服はカジュアルですw

去る9日、生き活き元気塾スタッフとしての誉田脳活の日。

タンポポさんが、キレイな綿帽子被っておられました(・∀・)

DSC_3274.JPG

相変わらず自然たっぷりののどかな場所(*´ω`)

このタンポポの種チャン達はどこに旅立つのかな(・ω・)

どこか遠い土地に行きついても、立派にキレイなカワイイ花を咲かして欲しいものです。
(そういえば、タンポポの雄しべと雌しべってどこにあるんだろ?)

さて、実は先週(2日)の脳活の時、いつものワンポイント講座(介護を必要としない為のF流ミニ講座でございます)で、上腕三頭筋の話をし、なぜ弱ってしまうのか、弱ってしまうとどんなリスクが考えられるか、鍛えるにはどんな方法があるか・・・という話にまでなりました。

脳活体操で使うツールはギムニクボールなのですが、

DSC_2586.JPG
※ギムニクじゃないボールを1つ探せ!!←暇つぶしにどうぞw
探したところで、景品はありません。


正直なハナシ、ボールだと三頭筋鍛えづらいので、「では、来週バンドを使って上腕三頭筋の筋トレやってみましょう(・∀・)」という流れになりました。

もともと、個人的なアイテムとして教室レンタル用のバンドが10本ありますし、「違う体操もたまには良い刺激かな。持ち運びもラクだし〜」と思い、9日はバンド体操を少し実施しました。

Fトモが体操で使うのはセラバンド(黄)
IMG_20170509_202543.jpg

色によって強度が違いますが、黄はシニアやリハビリ向け、低負荷で十分なトレーニング(ローテーターカフの強化など)に丁度良いレベルです。

でも、持つ長さによっては、F世代でも十分しっかりした運動が出来ます!!

意識の高い皆様なので、どこかでバンドのご経験はおありだろうと思っておりましたが、実はそうでもなく・・・

バンドを使った体操教室ってあまりないのかな(?ω?)

バンドの特徴や注意点をしっかり説明し、今回はあくまで体験目的&ボールではなかなかしづらい体操を行いました!!

●シーテッドロウ(広背筋・背中)
●フレンチプレス(上腕三頭筋・力こぶの反対部分)
●アダクション(内転筋・内もも)


どの部分も、介護予防には必須の筋トレ部位です。

皆様、初めての感覚にかなり感動されておられました✨


もちろん、バンドだとかえって難しいトレーニングもあったりするので、ボールにはボールの良さ、バンドにはバンドの良さがあることを認識された上で、上手に使い分ければよいと思っております。

そして体験終了後は、指先の運動も兼ねて、バンドをキレイに巻いて頂き、回収しましたw
DSC_3277.JPG

指先を動かすということも、意識しないとなかなかできないこと。

回収するまでがバンド体操です。

という感じで、いつもとちょっと違う脳活体操教室でしたw

☆NO BRAND Infinityサポーターとしてのお知らせ☆

1.今までの在庫商品が期間限定で販売されております。
基本、NBI(NO BRAND Infinity)のウェアは2か月ごとに新作が出て、その時限定の商品ばかりなのですが、

・迷っている内に期間が切れた
・現場で見て、やっぱり後から欲しくなった
・うっかりタイミングを逃してしまった

という方には特にオススメです^^

商品はコチラからご購入いただけます。
↓↓
https://mets.nbinfinity.com/

ただし、登録や入力など面倒だな、と思われる方はFトモに仰っていただけたら、代わりに注文致しますよ♪

とりあえず、要チェックです(^ω^)

2.新作が10日(水)から出ました!!
次回の記事で、一部紹介しますのでお楽しみに^^


  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます(・∀人)♡
posted by Fトモ at 18:37| Comment(0) | 介護予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

認知症予防は脳トレだけではない

こんばんは(・∀・)

将来、介護・看護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士&管理栄養士のFトモ(藤田朋子)です(・∀・)

IMG_20170425_164038.jpg

今日は誉田で脳活倶楽部!!

誉田は自然が多く、のどかな所ですが、4月に入ってからは火曜日は天気に恵まれずorz

桜を拝むことはタイミング的に難しかったですが、そのほかの春を満喫しておりますw

DSC_3198.JPG

モンシロチョウなんて、久しぶりに見た気がするw
※虫は大嫌いだけど、蝶はかろうじてOK

DSC_3199.JPG

菜の花はどこでも見れますが、やはりって感じがしていいですね〜(*´ω`)

本日は膝の為の体操やケアを中心にお伝えし、脳活自体はやや少なめの日とさせて頂きました。

認知症予防の活動ということで、脳トレメインだと思われがちですが、認知症予防の為には身体が資本であるのは言うまでもありません。

例えば、転倒による骨折で寝たきりになり、そこから認知機能が低下するケースもありますし、膝が痛くて身体活動量が低下し、筋力・体力、更には外出の機会も減り、刺激が少なくなって認知機能が低下することだって十分あります。

また、糖尿病には有酸素運動などの身体活動がインスリン感受性を高め、ある程度進行を緩やかにしたり、悪化を防ぐことが言われていますが、糖尿病は認知症のリスクファクター(´・ω・)

膝痛などにより、運動が困難になり、糖尿病が悪化して認知症になる可能性も十分考えられます。

だから、認知症予防の教室でも身体機能に刺激を与え、痛みを予防・軽減する体操も毎回入れております(・ω・)

運動とか体操とかいうと、スポーツクラブや公共の体育館を連想すると思うけど、そのような場所に行きづらい方って結構いると思う。でも、そういった方でも近所の会館とかでの体操は抵抗が少ないだろうし、むしろ地域住民との交流も兼ねられるからメリットも大きいと思う。

何もスポーツクラブだけが運動する場所じゃないし(・ω・)

こういった体操教室、これからもっともっと増やしていきたいな(・∀・)

そして、一人でも多くの方が認知症などの介護状態になるべくならないように!!

なってしまっても、進行が緩やかになるように!!

Fトモはこれからも頑張るよ〜(・∀・)

  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます(・∀人)♡
posted by Fトモ at 22:23| Comment(0) | 介護予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

もも裏〜膝裏〜ふくらはぎの柔軟性は超大事

こんばんは(・∀・)

将来、介護・看護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士&管理栄養士のFトモ(藤田朋子)です(・∀・)

DSC_3096.JPG

今日は火曜日なので、誉田で脳活♪

今週は他にも介護予防教室の体操指導が重なっている週となっております💦

気温の変化が激しいので、体調管理に気をつけねば💦


ところで、皆さんのもも裏〜膝裏〜ふくらはぎの柔軟性はいかがでしょう?

体力測定の長座体前屈でピリピリくる部分ねwww


この部分、かたい人結構いると思うけど、しっかり柔軟性を維持しておかないと、将来介護状態になる可能性ありますよ!!

■なぜ??

一言でいうなら、転倒リスクが高まるから。

■どういうこと?

歩行時、「躓かないためにつま先を上げて接地しましょう」と良く言いますが、これってつまり

つま先を上げる=脛の筋肉(前脛骨筋)が収縮する(縮まる)=ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)が弛緩する(伸びる)

ということになります。

ふくらはぎの筋肉を下腿三頭筋と表記しましたが、これは腓腹筋とヒラメ筋から構成されます。

その中の腓腹筋は、膝関節の上側から踵まであるので、つま先を上げて膝を伸ばすことによって、しっかり伸びます。

そして、歩くときは必ず片方の脚を前に出して踵から接地になりますが、この脚を前に出す時に働く(縮まる)のが太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)=もも裏(大腿二頭筋)が弛緩する(伸びる)・・・ということになります。


つまり、もも裏〜膝裏〜ふくらはぎが伸びないと、結果的につま先が上がりにくくなるので、転倒リスクが高まることに繋がるのです。


■その他のリスク

もも裏〜膝裏〜ふくらはぎがかたいと、自然と膝が曲がりやすくなるので、

・膝痛
・腰痛
・骨盤後傾
・下腹部ポッコリ
・猫背
・肩こり
・ストレートネック
 などなど・・・

身体って連動しているから、どこか一ヵ所でも不具合が生じると、そのバランスをとろうとして、他の部位にも負担がかかります。

■対策は?

正直個人差ありますが、地道にストレッチ続けていれば、最初はかたくても自然と柔軟性はアップするはずです。

そして、ストレッチなどの運動の効果って、実は年齢に関係なく現れてくるものなので、「もう年だからやっても意味ない」「もともと身体がかたいからやっても無駄」と思わずに行って欲しいと感じます(・∀・)

  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます(・∀人)♡
posted by Fトモ at 21:26| Comment(0) | 介護予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

雪道では歩き方に気を付けよう

こんばんは(・∀・)

将来、介護・看護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士&管理栄養士のFトモ(藤田朋子)です^^

DSC_2641.JPG

言い方悪いが、アホみたいに寒い一日・・・

松戸では、夕方になるとうっすら雪が積もりました・・・

DSC_2643.JPG

てっきり天気予報の『降る降る詐欺』になるかと思っていたら、ガチで降りやがった・・・

おまけに今朝は武蔵野線が運転見合わせになるという被害にもあい、とんでもない一日でした(#^ω^)ピキピキ
※時間に余裕をもって行ったので、仕事には普通に間に合いました。

そんな愚痴はおいておきますが、今日は中途半端にベチャっとした雪がうっすら積もっていたので、転んだりしませんでしたか(?ω?)

こんな時、よく推奨される歩き方(大股で踵から設置してつま先で地面を蹴りましょう的な感じ)をしたら、非常に危ないです!!

つま先挙げて踵を地面に設置した瞬間にツルッと滑って尻もちついて圧迫骨折してしまわないよう、道が滑りやすい時は、小股で全く問題ないのでしっかり足裏全体で踏みしめるように歩きましょう。

ちょっと不格好かもしれませんが、転んで骨折したり、打ち所が悪くて命を落とすよりよっぽど良いです!

歩き方については、かなりいろいろなパターンがあり、Fトモ自身はウォーキングインストラクターでもないし、すごく詳しいわけではないです。

ただ、『何だかんだ転倒しなけりゃ良い』がF持論でございます(・ω・)

特に高齢者にとっての転倒は、要介護状態へのリスクが高まったり、命を落とすことにも繋がります。

Fトモは介護予防の中でも、認知症予防や口腔機能・栄養改善も大切だと思いますが、運動指導をする上では転倒予防を視野に入れた内容を提供しているつもりです。

※ちなみにこれは特別なことではなく、高齢者指導しているインストラクターは絶対視野に入れているはず。

もちろん、高齢者だけでなく、若年層も転倒には気を付け、ケガなく安全に過ごしていきましょうね(・∀・)

  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます(・∀人)♡
posted by Fトモ at 23:44| Comment(0) | 介護予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする