栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)

2016年11月07日

出不精になりやすい季節だけど、外出しよう!

おはようございます(・∀・)

将来、介護・看護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士&管理栄養士のFトモ(藤田朋子)です(・∀・)

珍しく、朝にブログ更新www

今日はこの後介護予防教室とトレーナー業務があるので、忘れないうちに・・・ということでw

本日は立冬
初めて冬の気配が現れてくる日とのことですが、もう十分冬になっていると感じているのはFトモだけではないはず(`・ω・´)

気のせいか・・・秋が超短かったような・・・


一昨日・昨日と続いた体調不良は新ルル-A錠のおかげでそれなりに回復しましたが、油断できませんね(´・ω・)
でもまぁ、久しぶりに2日連続で休養できました(・ω・)
フリーになってから、ずっと突っ走ってきたから、「休め!!」という合図だったかもしれません(´・ω・)

さて、こう寒い日が続くと、外に出るのが億劫になってしまうと思います。

Fトモでさえそう感じるので、ご高齢の方は尚更ではないでしょうか(?ω?)

だけど、ご高齢の方が外出をせず、閉じこもり状態になってしまうのは、介護予防の観点から見ると非常にリスクが高くなります。

■なぜ、閉じこもってしまうのか?
所説ある上に、実はFトモが介護予防の仕事としてかかわっているご高齢の方は、何かしらのきっかけがあって外出習慣のある方ばかりです。なので、正直断言できる内容ではないですが、一番の大きな理由は『転倒』ではないでしょうか?

誰でも転んだことはあるかと思いますが、単純に痛いよね(´・ω・)

若〜中年までなら転びそうになっても上手に反応できるから大事にはなりませんが、高齢者の場合はそうはいきません。

「転びそう!」と頭では思っていても、転ばない為に脚を出して踏ん張ろう!とか手をついて頭を打たないようにしよう!といった反応が遅くなってしまうので、転んだ拍子に打ち所が悪くなり(頭打ったり、大腿骨頸部骨折とか)、最悪の場合、『死』に直結します。

この転倒が怖くなってしまい、段々外出が億劫になってしまうのでは・・・と思います。

また、『トイレが近くなる』『腰痛・膝痛などの痛み』も要因だと思います。

そして、外出しなくなると、以下のような変化も起こりやすくなります。

■閉じこもることによって起こる変化

1.身体活動量が低下する
当然の変化ですね。
そして、身体活動量が減ると、筋力・体力も低下してくるので、ますます転倒しやすい身体になっていきます。

2.栄養状態が悪化する
身体活動量が減ると、自然と食欲も低下するので、食事量・食事回数が自然と減ります。
食事量が減ると、筋肉も減ってくるので、筋力・体力低下に拍車をかけることになります。

3.口腔状態が悪化する
食事の回数が減ると、歯磨きも怠るようになるそうです。
だれだって、食事しなければ歯を磨こうなんて思わないと思います。
また、外出しないということは、他者との関わりもなくなるということ。
大多数の方は、他人と会うときは口臭とか気にして歯磨きするとは思いますが、会う人がいないとなると、自然と歯磨き習慣も減ってくるそうです。

口腔状態が悪化して、咀嚼・嚥下に支障が出始めたら、ますます食事も十分食べられなくなり、栄養状態の悪化に拍車をかけることにも繋がります(そして、筋力・体力低下へと進む・・・)

4.認知症になりやすくなる
家の中と外では、脳への刺激が全然違います。
また、身だしなみに気を使う、誰かと会話する、買い物や外食に行った際の無意識に行うお金の計算など、家の中ではできず、外だからこそできる経験も外出しなくなると自然としなくなります。

5.疎外感を感じ、うつになりやすくなる
外に出て、ボランティアなど何かしら活動をしているならともかく、閉じこもりが続くと次第に社会からの疎外感を感じるようになり、自分の存在意義に疑問を感じ、うつになりやすくなるそうです(´・ω・)


他にもいろいろあるでしょうけど、閉じこもり一つ考えてみても、結構なリスクがありますね(・ω・)


当然、介護が必要となる原因は様々なので、閉じこもりだけに焦点を当てられるものではないですが、やはり運動とか食事とかよりも、まずは外出習慣をつけることが第一段階なのでは、と思います(・ω・)

また、我々運動指導者に求められているものは、体操による筋力・体力アップは当然必要ですが、それよりも外出するきっかけを提供することなのでは、と最近感じます。

週に1日でも体操教室が楽しみで外出されるのであれば、立派な閉じこもり予防になるハズだし(・ω・)
※ただね、いくら外出のきっかけだから〜って怪しい高価な健康器具とかを売りつける業者のセミナーとかはダメよ(;´・ω・)


さて、Fトモ自身が担当する体操教室は果たして「外出するきっかけ」として機能しているのでしょうか。

そんなようなことを考えながら、また今日から1週間頑張っていきます(`・ω・´)

  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

健康と医療 ブログランキングへ
posted by Fトモ at 08:00| Comment(0) | 介護予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: