栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)

2016年05月04日

Fヒストリー〜学童期その4〜

こんばんは(・∀・)

将来介護を必要としない身体作りを推進する松戸市の健康運動指導士・管理栄養士のFトモ(藤田朋子)です(・ω・)

ちょっと久しぶりではありますが、誰得かよくわからないFヒストリーでも(・ω・)

まぁ今までのFトモの歴史をツラツラ書いている自己満シリーズでございます(・ω・)


Fヒストリー前回までのあらすじはコチラ
↓↓
------------------------------------
誕生から幼年期
学童期その1
学童期その2
学童期その3
------------------------------------

どうも自分の過去を振り返ってみると、大して良い思い出がないので、気が滅入ることもありますが、人生山あり谷あり。

4.体育苦手だったFトモが唯一好きだった運動


今でこそ健康運動指導士として、運動の良さや重要性を説いたり、エアロビクス指導や介護予防体操を行ったり、プライベートでも時間さえあればトレーニング室でバーベル担いだりプールで泳いだり、ヨガやZUMBAを受講していますが、もともとFトモはインドアな女の子。

幼いころから煩わしい人間関係が苦手だったので特に友達も作らず、家の中でゴロゴロしながら、読書とお絵かきと科学者ごっこ(幼年期参照)と図鑑眺めているのが好きでした。

学校はそんなに好きではなく、授業の中では体育が一番大嫌いで苦手で、特にダメなのがマラソンw

毎年マラソン大会はどうにか病気にならないかと願ったものですが、よく食べていた子供だったので病気はおろか、風邪はほとんどひかず・・・

そして痛いのは嫌なのでケガもするわけもなく、仮病を使ってもスグ顔に出るタイプなので(嘘が下手)休めませんでしたorz

マラソン大会なんて、運動会同様、体育が苦手な子にしてみたら拷問みたいなもので、何であんな長距離を走らねばならないのか。

大体毎年ビリに近い順位だったし、もっと嫌なのがみんながゴールした後、かなり遅れてビリ組がゴールした時、

「よく頑張った!!エライぞ!!」という雰囲気で拍手で出迎えられる瞬間。

正直、「放っておいてくれ」とも思う。
個人的に、やって欲しくない事リストのトップ3に入ると思っています。
(ちなみに他の2つは、「近くの席の子5〜6人で給食を食べる」「身体測定の記録係を同級生がやる」)

他にも跳び箱は飛べたことないし(多分今でもできないと思う)、鉄棒はまぐれで逆上がりができる程度。
マット運動もダメ(奇跡的に柔軟性は優れているけど)。

集団の中に入るのが苦手だったので、チームでやることが多いスポーツはほぼ無理。
(特にドッヂボール、バスケ、キックベースとかは、当時は存在そのものが意味不明でした)

・・・とまぁ、学童期その2と被る内容書いちゃいました。でもこのように、どの運動もダメなのですが、特にダメだったのが、実は水泳でした。

泳ぐどころか洗面器の水に顔すらつけられない状況でした。

小1〜2はプールの授業が地獄のように感じ、当時は軽い体罰は当たり前だったので、先生からビート板で叩かれたり、潜れないのに無理矢理沈められたりもして怖かったものです。

でも、「泳げなくても水辺に行かなければ死にはしない(・ω・)洗面器に顔を付けられないけど、顔を洗うことは出来るから問題ない。」と開き直っていましたが、この様子を(多分)見かねた親に連れられてスイミングに引きずられるように連れていかれました(´・ω・)

今は産婦人科になっていますが、松戸駅の踏切近くに「スイミングスクエア」という施設があって、そこで水泳を習っていました。

当時は小3。

水泳の一番最初の関門である「潜る」「伏し浮き」「けのび」からのスタート。

周りは幼稚園〜小1の子がほとんどで、しかも平均的な小3よりも大きかったので、さぞかし目立ったことでしょうwwwww

だけど、水に対して強い恐怖心を持っていたし、とにかく最初の関門の「潜る」が本当にできなくて、年下の子たちがどんどん進級しているのに、Fだけ「潜る」で手こずっているというwww

多分「潜る」だけでかなりの時間を要したような・・・

だけど、この時の先生が本当に良い人だったのは今でもしっかり覚えています(`・ω・´)

学校の先生のように、ビート板で叩いたり、無理矢理沈めることは決してせず、Fトモのペースに合わせて下さり、水の恐怖心をなくすところから丁寧に指導して下さいました。

そして奇跡は起こった!!

「潜る」ができるようになってから、とんとん拍子で「伏し浮き」「けのび」は難なくクリアし、キック(バタ足)は何段階かあったのですが、飛び級してスグに4泳法の段階へ。

この時思った。

能力の違う集団の中だとどうしても置いてけぼり状態になってしまうような子でも、その子のペースや能力に合わせた適切な指導を行えば、いくらでも可能性が開けることを。

陸上ではどうしても身体の大きさや重さが原因で動くのが億劫だったのに、水中だと重さは感じないし、陸上とは違う感覚(フワフワ浮いている感じ)と、陸上での運動神経関係なく、練習すればしっかり結果として残る水泳が大好きになっており、「将来は水泳の先生になる〜(^ω^)」とまで言い出す始末www
※ただ、これに関してはまさか20代前半に短い期間ではあったものの、実現するとは微塵も思いませんでしたw

そして、ある程度泳げるようになると、今度は「もっと速く泳げるようになりたい!!」と思い、続ける気マンマンだったわけですが、小5で引っ越しをした関係上、通うのが難しくなり退会してしまい、選手コースに進むどころか実はバタフライをしっかり教わることができませんでした(´・ω・)

今、バタフライはかろうじてできますが、本当に「かろうじて」です。

でも、腰が痛いので「別にいいや(・ω・)他の3つができるし、監視員時代にやった巻き足や逆あおりは出来るし」と開き直っt(ry


それから随分と水泳とはかけ離れた生活を送っておりましたが、ひょんな事からプールの監視員をやり、水泳レッスンを担当するまでになっていたので、本当人生どうなるかわからないものです。


Fトモが持っている自作の名刺の裏に、「初心者向けの水泳レッスン」と明記してありますが、これは小学生の頃、あまりに水が怖くて泳げなかったけど、適切な練習をすることによって水泳が大好きになった経験から、

「運動神経や運動の経験関係なく、取り組めます。決して速く泳げるような指導はできませんが、水の恐怖心をなくし、水泳を好きになってもらいたい。」

という想いの下で書きました。


万が一、おぼれたりしなければ、水泳は本当に良い運動だと確信しております。

ゴールデンウィークが過ぎ、しばらくしたら本格的な夏!!

今まで水泳はやってこなかった方も、ちょっと挑戦してみてはいかがでしょう?

  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

フィットネス(全般) ブログランキングへ
posted by Fトモ at 23:51| Comment(2) | Fヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水泳は得意だったはずだけど、
今では平泳ぎ&背泳ぎしかできません。
(クロールは15mでスタミナ切れ…)

「一度できるようになれば身体が覚えてる」
って定説の例外の1つだと感じました。

…小6の時には学校代表程度には泳いでたんだけどね〜
Posted by KT at 2016年05月08日 00:43
むしろ水泳はやらないでいると、忘れちゃうよ。
普段陸上で過ごしているんだし、身体の使い方が全然違うから。

これは誰でもそうだと思うな〜。

というか、代表レベルだったのにクロール15mでスタミナ切れって、相当力んで泳いでない(?ω?)
Posted by Fトモ at 2016年05月09日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: