栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)

2016年02月10日

Fヒストリー〜学童期その2〜

こんばんは(・∀・)

FOODとFITNESSで最高の未来(Fabulous Future)を目指す、千葉県松戸市在住の健康運動指導士&管理栄養士のFトモです(・∀・)

また気が向いたので、空気読まずにFヒストリーアップしますw


Fヒストリー前回までのあらすじはコチラ
↓↓
------------------------------------
誕生から幼年期
学童期その1
------------------------------------

さて、入学初日から嫌な目にあってきましたが、他にもいろいろ嫌なことがありましたw
※しばらく嫌な思い出シリーズになりますが、ご勘弁を💦

2.体育と身体測定がイヤだった

5歳の時点で、当時10歳のF兄とほぼ同じ身長な時点で、Fトモが相当大きい子供だったことは容易に想像つくと思います。
(といっても、F兄は小食で小柄ということもありますがw今は不健康な感じに膨張してますがw)

当然、クラスの中でもかなり大きかったので、何をしても目立つ感じでした。

例えば、黒板の文字を黒板消しで消す時や、朝教室に入る行為だけでも、「デカい」というだけで相当目立ち、クラスメートの視線が徐々に好奇な・・・珍しい生き物を見るような感じになっていったのははっきり覚えています。

今でこそ、人前に立って視線が集中することはまぁまぁ平気ですが、当時はこの周りからの視線が本当に怖かったものです。

段々目を合わせるのが怖くなり、今でも慣れていない方と話す時は目を合わせられるようになるまで時間かかります(´;ω;)

さて、こうデカいと当然何を着ても迫力があります。

今の若い子は知らないだろうけど、20年以上前の女子の体操服ってブルマなんですよ(・ω・)

あれ、今考えても意味不明だし、当時も正直意味不明でした。

お腹がめちゃめちゃ出ていたし、当然お尻も大きい。

なにより、他の女の子の倍以上の太さだった脚を出すのが幼いながら本当にイヤで、おまけに運動がキライということもあり、毎回体育の授業を見学する方法を考えていました。

仮病も考えましたが、よく食べていたおかげで風邪とは無縁で顔色も良かったので、嘘は通じませんでしたw

2年生くらいの時、担任に「どうしてもズボンを履きたい」と懇願しましたが、当時は”子供の人権”などという便利な考えもなく、「他の子は履いているのに、何であんただけ履きたくないの💢」とよく怒られたものです(´・ω・)

そして、相変わらず運動が超苦手だし、身体が思うように動かないので、体育の授業は何もできなかった。

かろうじて5年生になった時に逆上がりができたくらいかな(・ω・)
なぜか柔軟性は人一倍優れていました(高校生くらいまでは本当に柔らかくて、体育の授業時の見本にもなった。)

それ以外は・・・

走るのも遅いし、跳び箱・マット運動(でんぐり返し)は多分今もできないと思う。
というか、やりたくない(・ω・)

そしてもっとイヤだったのが、年度初めにある身体測定(・ω・)

あれ、他の学校だとどうだか知りませんが、Fトモが通っていた小学校は保健室の先生が測定するんだけど、その記録係がクラスメートの内の1人。

正直意味がわからない。

身体が大きいコにしてみたら、ものすごい地獄ですよ(´・ω・)

先生も割と大きな声で、次々と身長・体重を声に出すから自分の体重を言われるのが本当にイヤだった。
当時、守秘義務とか個人情報保護なんていう考えはなかったしね。

そして、記録係のコが「だれだれの体重が何kgだった。あいつ超デブだよwwwww」とか違うクラスのコとかにも言いふらすんですよ。

当然、それが原因でからかわれることはしょっちゅうあったし、「痩せたい」と思っても、今みたいに栄養と運動の知識がないから、自分の身体が大きい理由が運動不足とエネルギーオーバーだったということすら知らなかった。

「痩せたい」「華奢になりたい」「身長低くしたい」・・・そう思う内に、自然と背中を丸め、少しでも低く見えるようにしたかった。。。

下ばっか向いていたから余計に背中とお腹に肉はついてきましたけどねw

下向いててよかったことは、クラスメートと目を合わせなくて済んだことと、道端で小銭を見つけられたりしたくらいです(・ω・)



しかし、今思うと何だかんだ背が高いというのは、一種のステータスでもありますし、「子供の頃は大きかったから、いっそのこと175cmくらいまで伸びても良かったんじゃないか。むしろそこまで伸びて欲しかった。」と感じています。

何も背中丸めて生活しなくてもよかったなって思う(・ω・)

おかげで今も姿勢が悪いし、何か力が抜けるとすぐ猫背になる。
これに関しては、骨盤の使い方がまだしっかり出来ていないというのもありますが、今後改善する努力をします。




何かあくまで主観で、しっかりしたデータを見たわけではないですが、どうも以前と比べると背中が丸まっていたり、身体の大きい小学生が多く感じられます。

身体の大きさは程度によると思いますが、それよりも背中丸めて地面みるくらいなら、シャキッと正面むいて歩いてほしいな(・ω・)


さて、Fヒストリー〜暗黒の学童期編〜はまだまだ続編がありますw
ただ、この学童期編はその後のFトモの将来を考えるきっかけが次々と起こる時期でもありました。

とにかく、また気が向いたら更新します(・ω・)ノ


  

ランキングに参加しています(・∀・)
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

日記・雑談 ブログランキングへ
posted by Fトモ at 18:46| Comment(0) | Fヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: