栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)

2019年08月04日

熱中症予防☆不感蒸泄に気をつけて

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます

「シニアになる前から意識しよう!将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモ(藤田朋子)です


本気で暑い日が続きますね〜💦

去年の暑さに比べたらマシですが、暑さに弱いFトモ、結構体力消耗してます(´・ω・)

いろいろある職場や活動場所、ほとんどが冷房自由に調整できるところでよかった・・・


8月に入ってから、全国で熱中症や脱水で搬送されている方が急増されてますね💦
中には、亡くなられた方も・・・

ご冥福をお祈りいたします。


「去年の暑さを乗り越えたから、今年は大丈夫(^ω^)」なんて思わないように💦


そんなわけで、「熱中症予防シリーズ」第二弾でも(・ω・)

【前回のあらすじ&バックナンバー】
四の五の言わずに汗を拭こう(・∀・)
気化熱で放熱させよう(・∀・)

熱中症予防☆汗をこまめに拭こう


さてさて(・ω・)

汗をかくと、そしてトイレに行くと体内から水分が出ていることになるので、自然と「水分を摂ろう」という意識が働きやすくなりますが、汗が出ていないor出ているのに気付きにくい環境下だったらどうでしょうか?

多分、汗をかいている時よりは、意識は低くなっていると思います。

ましてや失礼な言い方ですが、喉の渇きが感じにくいシニアの方だと、飲まない方結構いらっしゃいます。


ですが・・・


これ、大変危険です!!



なぜなら、不感蒸泄という現象が常にあるから!!

「不感蒸泄」とは、読んで字のごとく、自覚なく水分が体外に出ている現象のことです。

汗は目で見て、そして肌で感じてわかりますが、不感蒸泄は「不感」とだけあってわからないです。

目に見えていないだけで、常に体内から水分が出ています。


どのくらい不感蒸泄として出ているかというと、一つの目安ですが、以前こんな計算式を発見しました。

15ml×体重(kg)=1日の不感蒸泄量


例えば、体重が60kgの人なら
15ml×60kg=900ml/day
となり、1日でいつの間にか牛乳パック約1本分の水分が出ている計算になります。
(もちろん、環境や個人差などはあるので、あくまで目安)


プールに入っているのに熱中症・・・というパターンも、不感蒸泄が一つの引き金ですかね(・ω・)
汗かいているのに気付きにくくて水分を摂らない、そして「水で身体が冷えているから大丈夫だろう」という油断と不感蒸泄で熱中症&脱水(´・ω・)

でもこの不感蒸泄、特に怖いのが実は冬です。

特にシニアの方は気を付けて頂きたいのですが、

喉の渇きが感じにくい状態で、熱中症や脱水にならないだろうという油断で水分補給をしない

不感蒸泄が進み、体内の水分が徐々に減る

かくれ脱水
↓(ここから下は、知り合いの看護師さんから聞いた話)
眠くなるので、「ちょっとだけ寝よう」と寝る

そのままあの世👻



((((;゚Д゚)))ヒィィ



ちなみに、この話をしたら

「じゃあ、これがラクに死ねる方法なのね

と言われましたが、やめて欲しい(´・ω・)


その他にも、尿だと1ml×体重(kg)×24時間、便だと2ml×体重(kg)で体外に出る水分量の目安が計算できるはずです。
(ネット情報だから、完全に鵜呑みはできないものの、大体合っていると思う)

つまり、季節関係なく、常に水分が出て行っているわけなので、出てしまった分はしっかり飲食から補う必要があります。

じゃあどういったことに意識を向ければ良いのかは、また今度・・・


今日はこれから、月1のサークルと両国でのトレーナー勤務(・ω・)

今日も暑くなりそうですが、頑張ろう(・∀・)


ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

健康と医療 ブログランキングへ


フリーランス ブログランキングへ
NO BRAND Infinity WEBショップ
気になる方は、ぜひ一度覗いてみて下さいね^^
http://efutomo.nbinfinity.com/

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 07:00| Comment(0) | 健康・病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする