栄養・食事や運動に対して、どこか苦手意識を持たれている方々のために活動していきたい‼ また、将来寝たきりなどの介護状態にならない為に、若い世代から健康意識を高めて欲しい‼ そのような思いから、単なるプライベートや趣味について、いろいろごちゃまぜりんなブログです(・∀・)

2019年04月14日

授乳・離乳の支援ガイドに変更点が出ました

数あるブログの中からご訪問ありがとうございます☆

「将来、介護を必要としない!」をコンセプトに活動中の管理栄養士・健康運動指導士のFトモこと藤田朋子です^^

何度も言ってますが・・・
国民の皆さんが気になっていた元号・・・

「令和」が5月から施行されますね。

今年度はいろんな意味で変化の年になることは間違いないでしょう(・ω・)
※ただ、生活必需品の一部値上げとかはちょっとやめて欲しい・・・

ところで、変わったことと言えば、
授乳・離乳の支援ガイド



詳しくは、コチラの記事(一般社団法人 母子栄養協会さんの記事です。)を見て頂ければ・・・という感じです(・ω・)


めちゃくちゃ大きな変更点がたくさんある!!というわけではないですが、やっぱり「1回食」「2回食」よりも「離乳初期」「離乳中期」の方が個人的にはわかりやすいなぁと感じたり、固さの目安であった「ポタージュ状」「豆腐の固さ」などの表記がなくなったのは若干のショックを受けたり(・ω・)

捉え方は人それぞれですけどね。


あとは、先月管理栄養士仲間と会食(という名のザギンでの焼肉パーティーw)した際、

「1回食(離乳初期)から卵(卵黄)が入るかもしれないらしいよ💦今まで2回食(離乳中期)くらいからだったのに。アレルギー絶対起きるよね💦」

との話で盛り上がり、皆さん一様に驚いていたのですが、正直Fトモは驚くこともなく、むしろ「やっぱりね(・ω・)」って感じでした。


1年くらい前、新橋でアレルギーのセミナー受けた時、「アレルギー予防の観点から、生後半年くらいから卵は食べさせるべき」的な事を聞きましたので、その時点で

「あぁ、多分授乳・離乳支援ガイド改変の時に、(離乳)初期から卵黄入るな(・ω・)」って思いましたし、その数日後にニュースでも取りあげていたし。

でも、その後その話を保健センターの仲間に言っても、誰一人として「ありえない」と言い、その話はうやむやになりましたけど。


どんなことでも、日々変化はつきものです。

何でも決めつけるのではなく、変化に柔軟に対応できるか否か。

特にこれからの時代は、そういったスキルの差が、個々の能力の差になっていくかと思います。



さて、そんなこんなで、明日は久しぶりの保健センターでの離乳食教室のお仕事の日です。

約一か月ぶりかなwww

DSC_7378.JPG

仕事で調理が入るので、しばらくカラフルなネイルはオアズケ(´・ω・)
爪も超短く切りました(当たり前w)

あ!!

一応確認ですが、初期から卵黄が入ってますが、卵黄に限らずどんな食品でも、赤ちゃんに初めて与える食品は

・一度加熱をする→人肌に冷ます
・一さじから与える
・急かさない


が大原則ですので(・ω・)


しかし、保健センターでの離乳食のお仕事をしていなかったら、将来子供を産んでいざ離乳食を与える際、多分いろいろ困ってる未来が待っていただろうねw

自分自身の予習にもなっているので、大変助かってますw

  

ランキングに参加しています
1日1クリックで応援お願いします(・∀・)
↓↓

管理栄養士 ブログランキングへ


フリーランス ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
posted by Fトモ at 21:50| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする